カジノの利益を生む “ハウスエッジ”

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

 

 カジノでは、「サービスの運営と従業員の雇用」を維持するために
必要な「利益」を捻出しなければなりません。

 一般的な企業では、サービスや商品の対価として利益を得ていますが、ゲームを提供するカジノでは、目に見えない「ハウスエッジ」によってその利益を維持しているのです。

ハウスエッジとは?

 
ハウス
が提供する全てのゲームで、賞金に対して「手数料(コミッション)」「確率上、
本来受け取るべき賞金から一定の割合」
を差し引いた配当額を支払われているのです。
この差額や割合のことを“ハウスエッジ(控除率)”と呼びます。

例えば、アメリカンルーレットで一つの数字だけに賭ける場合、「当たる確率が1/38」
であるのに対して「配当は36倍」しかありません。38数字全てに$1を賭けたとして得られ
る配当は$36なのです。つまり、「$38の投資に対して$36の配当」、この差額分「$2」
「ハウスエッジ」に相当する訳です。

アメリカンルーレットでは、どの番号に当選してもハウスは2単位分の収益を確実に得るこ
とができます。逆にゲストから見れば、賭けに参加した時点で36/38(94.7%)の配当しか
手元に戻ってこない計算になるのです。この差額と割合を“リターン(還元率)”と呼びます。

ハウスエッジとリターンの関係

 
 
(リターン) + (ハウスエッジ) = 1 (100%)

 
 カジノでは、たいていのゲームがハウスエッジを1~5%程度に設定されていますが、
ゲームによっては倍率に合わせた高い設定のものもあります。 倍率の高いゲームで
は当選確率が低いため、控除する機会が少なく、また配当額が大きいこともあって、
控除額が多少高くても一獲千金を狙ってゲームに挑むプレイヤーも充分にいるのです。

 ゲームの中で手数料として賞金から差し引く「ハウスエッジ」の設定は、カジノにとって
「経営」の明暗を分ける重要な要素となります。ハウスエッジが高すぎればプレイヤーへ
還元率(リターン)が悪くなり、客離れを起こす要因となり、反対に低すぎると利益の
捻出が苦しくなり、カジノの経営を圧迫しかねません。

 なるほど、カジノのゲームはよく考えて作られているんですねー。
「ブラックジャックの配当はどうして1.5倍という半端な倍率なんだろう?」って考えたことありませんか?

2倍にすれば計算しやすいのに。でもこれがハウスエッジなんですね。1倍だと面白くないし、
2倍だと赤字になる。だから間をとって1.5倍ってことなんでしょうね。 たまに、1.2倍(6to5)
って配当率のブラックジャックもありますよね。

ルーレットもストレートアップの配当を38倍にしたらハウスは儲からないってことですね。
つまり、「0と00」があるからカジノはビジネスとして成り立っているんですね。

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス