ラスベガスを創った 3人の男たち (3/4)

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このコラムは「ラスベガスを創った 3人の男たち (2/4)」の続きです。
 

TI20世紀の大富豪、ハワード・ヒューズ

 
今では世界一の観光都市として知られ、アメリカで最も治安のいい
大都市としても知られる「ラスベガス」も、その昔はマフィアに支配
される闇の時代がありました。
 
そんなラスベガスをクリーンな観光地へと再生させた正義の人物が
いました。

 

巨額の資金でラスベガスを清浄化

 
1966年、長年マフィアに支配され続けた街を一変させる一人の男がラスベガスに現れます。
レオナルド・デカプリオ主演の映画アビエーターのモデルにもなった男、20世紀を代表する大富豪
ハワード・ヒューズ

この時代に急発展を遂げた航空産業で莫大な資産を有する彼は、まだ発展途中だったラスベガスに
アメリカンドリームを託し、航空会社TWAの売却でえた500億ドル(約60兆円)もの資金でラスベガスの
ホテルを次々とマフィアの手から買収しました。

howard hughes 当時、マフィアへの取り締まりを強化していたネバダ州当局の思惑とも合致し、
ラスベガスをマフィアの血に濡れた歴史から開放していったのです。これを機に、
マフィアから一般企業によるカジノ経営のスタイルへと変化していきます。

こうしてラスベガスは安全でクリーンな街へと変貌をとげ、だれもが安心して
カジノやショーを楽しめるようになり、安心して訪れる観光地となりました。
さらに、ホテル同士にもサービスや設備向上の競争心が生まれ、人々をより
魅了するためのアイデアが組みこまれていきました。

そして同時に、諸所の不祥事が発覚する度に監査機関である「ゲーミング・コントロール・ボード」
管理システムを強化し、不正の面でもクリーンなカジノを作り上げっていったのです。

 

そんなハワード・ヒューズを題材にした映画「アビエーター」の予告です。
(残念ながら、カジノについてはあまり触れられてないませんが^^;)

 

「ラスベガスを創った 3人の男たち (4/4)」 はこちら

 

関連するタグ

タグ: , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス