【海外】 アドアーズ・マカオ、株式を完全譲渡

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

アドアーズは、マカオ・サンズ内でゲームセンターを運営しています。株式の完全譲渡に
よって、ここの運営権も変わります。アドアーズはオープンが遅れるなど不運もありましたが、
新オーナーには頑張って頂きたいですね。

海外子会社アドアーズ・マカオ社の発行済株式100%を譲渡

■株式譲渡の業績に与える影響は軽微

  アミューズメント施設運営のアドアーズは24日、海外子会社アドアーズ・マカオ社の
発行済株式100%を譲渡することを発表した。

  マカオに進出したことで、海外での店舗運営ノウハウや海外展開ノウハウの獲得の
みならず、日本版カジノを見据えて、サンズグループとの良好なリレーションの構築や、
カジノ運営そのもののノウハウや情報収集機会を得ることが可能となった。

  ところが、このアドアーズ・マカオ社について、マカオ地区で各種施設運営を展開す
る野上淳司氏より譲受の打診があった。同社としては、アドアーズ・マカオ社は開設か
ら1年以上が経過し、その目的・役割において一定以上の成果を獲得していることや、
更にマカオ地区で同店のみを運営するマネジメントコスト負担をふまえ、検討した結果、
アドアーズ・マカオ社の株式の譲渡を決定した。

  この株式譲渡によって株式の売却損が33百万円程度発生する見通しであるが、
業績に与える影響は軽微。また、アドアーズ・マカオ社の事業規模が軽微であるから
業績への連結処理は行っていない。

【2012年4月25日 日本インタビュー新聞社】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス