【海外】 韓国に新規カジノオープン/ギャラクシーマカオ拡張

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

アジアのカジノニュースを2本まとめてお伝えします。

外国人専用カジノ 冬季五輪開催地に22日オープン

 外国人専用カジノ「アルペンシアカジノ」が22日、江原道・平昌のアルペンシアリゾートにグランドオープンする。アルペンシアリゾートは2018年冬季五輪のメーン会場。
 
 ホテル「ホリデイ・イン リゾート アルペンシア平昌」1階に開設されるカジノは広さ670平方メートルで、ルーレットやバカラなど8種類のゲーム57台や最新の設備が並ぶ。
 
 グランドオープン式には平昌冬季五輪組織委員会の委員長や外国人の招待客ら約200人が出席する。
 
【2012年3月21日 聯合ニュース】

 

ギャラクシー・マカオを拡張、MICEが主

 マカオでカジノを経営する銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)は、昨年5月15日に開業した大型カジノ総合リゾート「ギャラクシー・マカオ」の第2期建設工事に着手する。第1期と同様の規模になる見込み。同リゾートの呂耀東(フランシス・ルイ)副会長が明らかにした。
 
 第2期では、コンベンション施設や商業施設など非カジノ事業向けスペースを建設する予定。マカオ政府は、税収の7割をカジノに依存している状況を打開するため、カジノ業者にMICE(ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビジョン)設備を併設するよう求めており、ギャラクシー・マカオの構想はこれに呼応するものだ。
 
 建設規模は、第1期(面積55万平方メートル、総工費150億HKドル=約1,612億円=)と同様になるもようで、呂副会長は先に、第2期のために約165億HKドルを投資するとも述べていた。2016年の港珠澳大橋開通に間に合わせるべく、15~16年の完成を目指す。
 
【2012年03月20日 47NEWS】

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス