【海外】 シンガポール、カジノの税収 10ヶ月で約600億円

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

シンガポールのカジノ税収が、今年10ヶ月で昨年一年の税収と同額の591億円に昇ったと
発表されました。中国の経済成長の恩恵が大きいようですが、やはりカジノの税収効果は
甚大ですね。

【シンガポール】 カジノ税収効果、10ヵ月で9億ドルの純増

  カジノ開設許可による税収効果は、昨年4月~今年1月の10ヵ月間で9億Sドル(約591億円)の純増で、2010年度全体の純増と同額だった。

  チャン・チュンシン社会開発・青年・スポーツ相代行によると、宝くじ、競馬、スポーツ賭博、クラブ内のスロットマシンなどほかの賭博税収の減少を考慮した正味。

  リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)内のカジノに入場した市民は11年実績で13万6,434人、マリーナ・ベイ・サンズ(MBS)のカジノが13万7,259人。うち30%が重複していると考えられるため、入場者の実数は推定20万人。

  ほとんどの市民はカジノ入場が頻繁ではない。しかし頻繁に入場する市民は少数ながら存在する。こうした市民が賭博中毒に陥るのを防ぐため、政府は第3者が市民のカジノ入場を阻止できる規制システムの適用を拡大する。現在は破産者2万4,600人と、公的支援を受けている3,200人がカジノ入場を禁止されている。

  外国人労働者にも市民同様、100Sドル(約6,570円)の入場料を課して入場を抑制すべきとの議員の意見に対し、チャン氏は「入場料規則の変更はカジノと政府の契約に影響する」とした。政府としては、自らの意志で入場ができないようにする制度の利用を奨励する。

【2012年3月12日 情報提供:AsiaX】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス