【海外】 世界ギャンブル産業、カジノは宝くじに次いで第2位

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

現在、32兆円を超える全世界のギャンブル売上が、再来年には40兆円を超えるとの見込みです。
世界にギャンブルが増え続けることはいいことではありませんが、一方で規制を強化することも必要です。

ギャンブル産業 全世界で急成長=カジノがけん引

 全世界でギャンブル産業の売上高が4000億ドル(約32兆3000億円)を上回った。2年後には5000億ドルに達するとみられる。

 韓国の射幸産業統合監督委員会によると、英ギャンブル産業コンサルティング会社GBGC(グローバル・ベティング&ゲーミング・コンサルタンツ)の集計結果、昨年のギャンブル産業の世界売上高は前年比5.6%増の4200億ドルに迫った。

 宝くじの売上高が全体の28.4%で最も大きく、カジノが27.7%で僅差(きんさ)に迫っている。ただ、今年はカジノの売上高が宝くじを上回るとGBGCは予想した。シンガポールが新規カジノをオープンし、欧米なども許可を増やしているためだ。

 GBGCによると、全世界のギャンブル産業売上高は2014年に5000億ドルを突破すると予想される。

 韓国でもギャンブル産業の規模拡大に対する要求が高まるとみられる。企画財政部は韓国の宝くじ発行限度が先進国の半分程度に過ぎないとし、発行限度を現在の2倍に増やす案を推進している。

 また、中国観光客を狙ったアジアカジノ市場の競争が激しくなるとみられ、韓国でも規模拡大に対する要求が高まると予想される。

【2012年3月7日 聯合ニュース】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス