【海外】 シンガポール、集客・雇用・収益でカジノの恩恵

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

シンガポールでは、2軒のカジノをオープンした年に4万4000人の雇用が生まれています。
カジノの導入によって、約40業種に上る新規ビジネスが誕生するとも言われています。
ショーやアトラクション、コンベンションを備える巨大施設の中でカジノは80%もの売上を
弾き出す起爆エンジンです。今や、カジノだけではない「MICE」としての新しいスタイルの
カジノが世界に定着し始めています。

【シンガポール】カジノ総合リゾート、観光業に活力

  カジノ総合リゾート(IR)が営業を開始して2年が経過した。活気を失いつつあった観光業に活力を注入したことは確かで、ユニバーサル・スタジオを抱えるリゾート・ワールド・セントーサ(RWS)、ラスベガス・サンズ系のマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)は、2010年末までに計4万4,000人の雇用を直接、間接に創出し、国内総生産(GDP)を1.5ポイント押し上げた。

  昨年の外国人入国者は、IR開業前の09年との比較で36%増の1,320万人。観光支出は09年の126億Sドル(約8,170億円)に対し、昨年は推定222億Sドル(約1兆4,390億円)。増加分の多くは賭博関連だ。

  政府がIRと命名したように、RWS、MBSとも単なるカジノホテルではないが、オブザーバーは、カジノ以外ではやや魅力に欠けており、魅力的なショーなどの誘致が必要と見ている。RWSとMBSの直近の四半期決算を見ると、カジノ収入が売上高の80%を占めた。

  中国、韓国でもテーマパークや大型レジャー施設が計画されており、カジノ以外の施設の魅力向上が必要になっている。

  ニーアン理工学院の講師は「ニューヨークのミュージカルなど何年も継続できる集客力のあるショーなどが必要」とした。

【2012年3月7日 AsiaX】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス