【海外】 シンガポールのカジノ、入場者管理怠り罰金

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

シンガポールのカジノは、現地国民は入場料を支払わないといけないんですね。
それを徴収せずに入場した人がいたようです。その他、不適格者や未成年者の入場も
あったようですが、このようにしっかり管理局が監査してくれるのは安心ですね。 

【シンガポール】 カジノに罰金、入場規制違反で

カジノを運営するマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)とリゾート・ワールド・セントーサ(RWS)はそれぞれ、25万5,000Sドル(約1,600万円)、13万Sドル(約800万円)の罰金をカジノ管理庁(CRA)から命令された。
カジノ入場者のチェックで計44件の怠慢があったためだ。いずれも国民あるいは永住者(PR)が関係した過失。
この44人のうち、14人は入場料100Sドル(約6,100円)を払わず賭場に入った。入場料を払ったが、遊興時間が所定の24時間を超過したのが5人。7人は、賭博中毒などのため入場が禁止されている者だった。13人は、入場が禁止されている21歳以下の未青年だった。
MBSは2010年10月から昨年4月までの間に24件の違反、RWSは10年8月から昨年4月までの間に20件の違反を指摘された。
カジノ管理法では、国民、永住者は入場料を支払わなければ入場できず、滞在時間も24時間を超えてはならないとしている。カジノは、入場禁止者、未成年の入場を阻止しなければならない。
入場禁止者、未成年が入場できたのは、カジノの入場管理が甘かったためと考えられる。滞在時間の超過は、カジノを出る時の身分証明書のスキャンで判明した。MBSが違反行為で罰金を科せられたのは初めて。

【2012年2月7日 AsiaX】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス