【特集】 シンガポール、観光立国とカジノの成功◆NetIBNews

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

シンガポールの観光成長とカジノ導入の背景について、興味深い記事が ネットアイビーニュースで掲載されましたので紹介します。

シンガポールの観光産業が絶好調

世界的な経済不況が続く中、シンガポールの観光産業が、ここ2年、急上昇中だ。長期的なスローガンのもと、観光産業を国家戦略として発展させてきた。2010年の観光収入は、188億シンガポールドル(約1兆2,220億円、1シンガポールドル=65円)をたたき出し、国内総生産の6%にまで達している。今や、シンガポールにとって欠かせない産業に成長した。
東日本大震災の風評被害などで打撃を被っている日本の観光産業。参考にできる部分が大いにありそうだ。

<カジノの成功でラスベガス超え>
0203_s_1.jpg マーライオンのある公園からマリーナベイを振り返ると、世界最大級の観覧車シンガポールフライヤーが目に飛び込んでくる。その右手には、前衛的な建築。勇壮な3本のビルに大きな船を乗せたようなその姿は、さながら近未来。米系のラスベガス・サンズが、シンガポールに建てたマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)だ。
 
2009年、シンガポールに入国した外国人の数は約968万人だった。2010年には約1,163万人に跳ね上がっている。2011年も、前年同期比で概ね14%上回っている。中でも日本からの訪問客は前年比約24・3%増と大きく伸ばした。(データ・シンガポール政府観光局提供)
 
この観光客数の上昇には、カジノの成功が大きく関わっている。2010年に、MBSと、セントーサ島リゾート・ワールド・セントーサに、2社のカジノがオープンした。その売り上げは、開業2年にして早くも本場ラスベガスをしのぐ勢いだ。
 
2社のカジノは、戦略的に客層のすみ分けを行っている。セントーサ島は、ここ2年で大きく様変わり。カジノに隣接してユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)が入っており、こちらは、ファミリー向け。MBSは、付近にコンベンションセンターなどが集まっており、ビジネスマン向け。それぞれがターゲットを絞っている。
 
以前は、「マーライオン」が主な観光地だったが、国家のビジョンとして、名所を創出している。
国土の小ささを嘆くのではなく、創り出す―。これがシンガポールの強さだ。

<長期的戦略で奏功>
カジノ構想が立ち上がったのは、1985年。治安悪化の不安などから当初、反対意見も多く、何度か挫折を味わったが、2005年に、議会がカジノ解禁を決定。06年2月に内閣が承認し、カジノ管理法案が国会を通過した。
 
米系のラスベガス・サンズ、マレーシア系のゲンティン・シンガポールが営業権を取得し、2010年、まずユニバーサルスタジオシンガポールと併設したリゾート・ワールド・セントーサがオープンし、続いて、マリーナ・ベイ・サンズが続いた。
外国人に対してはカジノ入場無料となっているが、地元シンガポール人には、100シンガポールドル(約6,500円)を徴収するなど、観光客向けの仕様。事前の徹底したリサーチが功を奏し、治安悪化の兆しはまったくないという。
 
カジノを含む観光政策の成功には、中長期的なビジョンを明確に描き、国を挙げて振興策を打ってきた政治リーダーの優秀さと、観光企画の目新しさ、中国、マレーシアなど周辺国を巻き込んでの大規模な取り組みが背景にある。

<計画に基づく都市づくり>
0203_s_2.jpg 「ツアリズム・イズ・エブリワンズビジネス(観光業はみんなの仕事)」「シティ・イン・ガーデン(ガーデンの中に息づく都市)」などのスローガンのもと、計画に基づく都市づくりを行ってきた。カジノの成功に満足するのではなく、今後のプロジェクトも目白押し。
MBSの周辺に大規模な植物園を作るプロジェクト「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」が、今年前期には開園予定。シンガポール動物園では、「ナイトサファリ」と合わせて、川をテーマとしたアジア初の試み「リバーサファリ」(動植物をボートの上から観察できるサファリ)を計画するなど、観光都市として、続々と企画を立案、実現の方向へ進んでいる。
多民族国家で、英語、中国語、マレー語、タミール語と、4つの公用語が飛び交うシンガポール。国土が狭く、資源が少ないがゆえに、戦略と知恵でグローバル社会を勝ってきた。
 
日本の観光産業がヒントにできるところも少なくない。日本の国土面積は、シンガポールの約611倍。単純に考えると、開発できる観光資源は、シンガポールよりも多いはず。国、自治体のリーダーたちの優れたリーダーシップと、企画立案、実行力に期待したい。

【2012年2月8日 Net IB News】
 
 
 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス