【速報】 カジノで雇用拡大、マカオの失業率は過去最善

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

日本の失業率は4.6%。 他の先進国と比べてもマカオの失業率は群を抜いて低いですね。
やはりカジノによる雇用効果は大きいですね。

マカオの失業率、返還後最低の2.5% 11年、カジノ景気で

 マカオ政府は31日、2011年の失業率が2.5%と前の年から0.3ポイント低下したと発表した。1999年のポルトガルから中国への返還後で最も低く、現行の集計方法に改めた96年以降でも最低。マカオは主力のカジノ産業の収入が急増しており、11年7~9月期まで2桁の経済成長が8四半期続いている。「カジノ景気」が新たな雇用機会を創出している。

 11年10~12月の平均失業率も2.1%と、前回の9~11月平均から0.2ポイント低下。こちらも過去最低を更新した。特にカジノを中心とする賭博業とホテル業での雇用の増加が顕著になっている。

 マカオの11年のカジノ収入は2678億6700万パタカ(約2兆6千億円)と前の年から42%増えた。年間1600万人を超えた中国本土からの来訪者がそれを支えた。域内総生産(GDP)の実質伸び率は7~9月期に前年同期比で21.1%と、四半期ベースでの2桁成長は丸2年に及んでいる。

【2012年1月31日 日本経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス