【速報】 週2回のWT会合、今国会でIR推進法の提出目指す

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

着実に進めてもらいたいですね。

カジノ合法化検討加速 法案、今国会提出も 

 カジノ施設を含めた統合リゾート地(IR)の整備に向けた法整備を議論する民主党政調のIR・カジノワーキングチーム(WT)の第1回会合が25日、衆議院議員会館で開かれた。今後、週2回の頻度でWTを開催するなどカジノ合法化に向けた党内検討作業を加速させる。早ければ今国会へIR推進法の提出を目指す。
WTの田村謙治座長は「カジノのマイナスイメージを払拭(ふっしょく)し、1日も早い法案成立に向け共に頑張ろう」と呼び掛けた。この日の会合では、博報堂カジノ・エンターテインメントプロジェクト代表の栗田朗氏がシンガポールのカジノについて説明した。国会議員約10人が出席した。
カジノ合法化に向け活動する超党派議員連盟「国際観光産業振興議員連盟」の古賀一成会長は「(合法化)へ向けた最大の問題は国民のマイナスイメージだ。無知、無関心が一番の妨げ。カジノはギャンブルではなく国際観光戦略だ」と強調した。小沢鋭仁・同議連幹事長も「米国ではハリケーンの被災地復興にカジノ財源が活用された。私は東日本大震災復興のための増税には反対だが、復興財源の一つとしてカジノは考えられる。法案はいつでも提出できる状態だ。今国会に提出できるようスピード感を持って検討してほしい」と述べた。
カジノ合法化に向けては2010年4月、超党派国会議員の議連が発足。議連は現在約150人。議連での法案完成を受け、民主党内での議論を加速させようとWTを設置した。

【2011年11月26日 琉球新聞】

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス