【速報】 マカオの年間カジノ売上、ラスベガスの5倍!!

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

今年もまだあと2ヶ月を残して、マカオのカジノ売上は約2兆2,000億円に達しました。
ラスベガスの年間売上予想の約4,800億円の5倍に達すると見られています。

マカオのギャラクシー、来年20%上回る成長目指す

マカオのカジノ運営会社ギャラクシー・エンターテインメント(銀河娯楽集団)(0027.HK: 株価, 企業情報, レポート)のロバート・ドレイク最高財務責任者(CFO)は15日、「ロイター中国投資サミット」で、来年のマカオでの業績について良好な見通しを維持し、業界の予想である15─20%を上回る成長を目指していると語った。

ドレイクCFOはマカオ全体の成長を正確に予想するのは難しいが、同社の体制は整っており、予想される景気減速に立ち向かうことができると自信を示した上で、「誰もが特にVIP(要人)市場に目を向けており、そこでは一切減速の兆候は出ていない。VIP市場の流動性は十分で、客足も依然として堅調だ」と話した。

マカオで認可を受けたカジノ6件のうちの1つであるギャラクシーの競争相手は、ラスベガスの大物実業家、シェルドン・アデルソン氏やスティーブ・ウィン氏など。マカオは今年、ラスベガスの5倍の売上高を達成すると見込まれている。

ギャラクシーを率いるのは香港の不動産・建設王として知られる呂志和氏。新たに開設した20億ドル規模のカジノのおかげで、同社は中国の裕福なギャンブラーからの需要拡大によって最大の恩恵を受ける企業の一角を占めている。ギャラクシーのシェアは10月に22%へと急上昇し、マカオのカジノ事業者の草分けであるSJMホールディングス(0880.HK: 株価, 企業情報, レポート)に次ぐ世界第2位に躍り出た。今後はラスベガス・サンズ(LVS.N: 株価, 企業情報, レポート)や金沙中国(サンズ・チャイナ)(1928.HK: 株価, 企業情報, レポート)が運営する新しいカジノとの競争が激化するだろう。

ドレイクCFOは、利益の上がるVIP市場での共食い状況については心配しておらず、ギャラクシーは、マカオ政府からカジノ開発向けに割り当てられた土地の開発に注力するとした。CFOは同社の未開発の土地1500万平方フィートに関して、「今後の開発の展開については確固たる考えを持っている。近いうちに何らかの発表ができると思う」と述べた。

<将来を見据えて>

マカオのギャンブル収入は今年1─10月までの10カ月間で総額280億ドルに達しており、これはラスベガスの通年の予想である60億ドルを大幅に上回っているが、それにも関わらず投資家は今後の成長鈍化について慎重姿勢を強めている。

ギャラクシーの株価は15日1.8%上昇したが、年初来では34%下落している。ただ、アナリストらは依然としてギャラクシーについて強気の姿勢を崩しておらず、トムソン・ロイター・スターマインによると、アナリスト19人がギャラクシーの投資判断を「ストロングバイ」ないしは「バイ」とし、3人が「ホールド」とした。「セル」の判断を示したアナリストはいなかった。

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス