【速報】 日系企業初となる海外カジノリゾートの開発へ

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

ユニバーサルエンターテインメントは、前アルゼですね。
以前からフィリピンでのカジノ開発計画はありましたが、いよいよ着工ですね。

ユニバーサルE:フィリピン・カジノリゾート開発へ-13年12月に開業

 9月27日(ブルームバーグ):パチスロ機メーカー大手のユニバーサルエンターテインメントは、フィリピンにカジノリゾート施設を開設する。ホテルは2013年12月の開業を目指す。マカオに続いてフィリピンでも施設運営を手がけ、カジノリゾート事業を新たな収益源にしたい考えだ。

  この計画の投資総額は23億ドル。既にカジノライセンスや用地を取得済み。記者会見した岡田和生会長は、手元資金は500億円程度あるとし、総投資額の一部を資金調達するかどうか、検討するという。また、同カジノリゾート事業に対する自社出資比率は100%に近いが、出資してくれるパートナーについても検討する、としている。ユニバEは、マカオでカジノ運営する持ち分法適用会社ウィン・リゾーツの事業が好調に推移している。

  富士本淳社長は同会見で、フィリピンでのリゾート建設について、「極めて慎重に長い時間をかけて準備してきた」と述べ、集客から金融システムまでマカオで学んできたノウハウをフルに活用することで、ユニバーサルエンターテインメントの新たな収益の柱とすることに意欲を示した。

  ユニバEが08年に開示した資料ではフィリピンでのカジノ施設は10年の開設を目標としていた。同年のリーマン・ショックに伴い世界経済が停滞したことなどを要因に計画を先延ばししていた。

【2011年9月27日 Bloomberg】
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=azWyEGRPa5uE

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス