【速報】 北海道・小樽でもカジノ誘致に向け始動

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

有力候補地の一つと目される北海道でも久々に動きがありました。
「大自然とカジノ」も魅力的ですね^^

カジノ誘致へ意見交換会 小樽

 小樽にカジノを誘致する会(山田勝麿会長)は12日、小樽経済センターで意見交換会を開いた。カジノに関する調査研究を手がける国際カジノ研究所(東京)の木曽崇所長が「カジノ導入を街の発展に繋(つな)げるために」と題し、カジノが地域にもたらす功罪を説明。この中でカジノによる税収が震災復興に役立つ可能性についても言及した。

 カジノをめぐっては、超党派の国会議員が8月、カジノ法の最終案をまとめ、国会提出を目指して調整している。意見交換会は、小樽へのカジノ誘致を目指す同会が、市民の理解を広げる目的で市議や観光協会、PTA関係者に呼びかけ、約50人が参加した。

 木曽所長は「カジノ導入による震災復興」を提案。大型設備投資を伴い観光振興が期待されるカジノが生み出す税収を、東日本大震災の復興財源と、広域観光振興に振り向ける案を説明した。

 カジノによるデメリットとして依存症、犯罪、青少年教育それぞれの対策の必要性を強調。「カジノの効用とリスクを見極めた上で最終決断は市民が行うべきだ」と提言した。

 出席者の「小樽の観光イメージをカジノが崩すことにならないか」との質問に、木曽所長は「地域の観光資源と、機能を補完する関係でなければ、カジノはつくるべきではない」と述べた。

【2011年9月15日 北海道新聞】
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/318729.html

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス