【速報】 カジノ合法化で沖縄に注目!

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

 沖縄にカジノ。 まさにリゾートカジノですね。
海もきれいで食事も美味しく、カジノがあれば
アジア屈指の観光地となることは間違いないでしょう。

<話題>キーワードは「カジノ」「鉄道」、沖縄に注目

沖縄に注目。沖縄振興特別措置法に基づき2002年にスタートした沖縄振興計画が10年間の計画期間を終え、2012年3月に期限を迎える。現在、新たな振興計画策定に向け作業が進められている。注目は、ずばり「鉄道」と「カジノ」だ。

沖縄では、戦後の本土復帰後に道路整備を中心に社会資本整備が進められ、道路がかなり整備された半面、車社会に大きく依存した社会となり、那覇市をはじめとする都市部では慢性的な渋滞が発生するなどの課題を抱えている。

その打開策として03年8月には、那覇空港と那覇市・首里を結ぶモノレール「ゆいレール」が開業したが、乗客数は伸び悩んでおり、利便性の向上などの課題も多い。このため、既存の公共交通システムも含め、沖縄の将来の公共交通ネットワークについて考えることが必要との観点から、沖縄県が10年3月に策定した将来(2030年を想定)のあるべき姿の基本構想である「沖縄21世紀ビジョン」では、「中南部都市圏を縦貫し、北部圏に至る軌道系を含む新たな公共交通システムの導入が必要である」ことが盛り込まれた。

これを受け、内閣府沖縄政策担当が10年度から「沖縄における鉄軌道をはじめとする新たな公共交通システム導入可能性検討に向けた基礎調査」を開始、11年6月には鉄道系でおおむね1日9万-15万人程度の需要が見込まれるとした報告書を公表。11年度も引き続き、調査が行われている。

一方、カジノを併設した総合リゾート施設については、民主党の沖縄政策プロジェクトチームが8月11日に発表した「沖縄振興計画改定にあたっての提言」の中で、規制緩和に関連した項目で、「IR(統合リゾート:Integrated Resort)やMICE(用語解説)と言われるものなど総合的なリゾート開発の取り組みについても、沖縄県内における十分な合意形成を前提に、全国に先駆けた取り組みを優先的に進める環境整備が考えられる」と盛り込んでいる。

くしくも、超党派の国会議員145人で組織する「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」が8月28日に、国内にカジノリゾートを設置するための推進法案「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」を同議連として了承。秋の臨時国会に同法案を提出し、成立を目指している。(鈴木 透)

用語解説「MICE」=会議(Meeting)、奨励ツアー(Incentive Tour)、集会・大規模な催し(Convention)、展覧会・展示会(Exhibition)の頭文字を取った造語で、複合施設群を指し、この中にカジノ施設を配置するもの。

【2011年9月9日 モーニングスター】
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=530639

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス