【記事】凱旋門賞の売上は41億8599万円に!JRAの凱旋門賞の馬券購入解禁で。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

2016年から凱旋門賞の馬券の購入が、
インターネット投票で可能になり、
日本での海外馬券購入の解禁となりました。

そんな凱旋門賞の馬券購入が可能になり、
さらに注目を集めた2016年の凱旋門賞。

日本から注目された「マカヒキ」は、
残念ながら優勝をすることが出来ず、
今年も悲願の日本馬の凱旋門賞初勝利を
達成することは出来ませんでした、

しかしながら、凱旋門賞で海外馬券を購入できたことで、
売上は41億8599万円に!

日本のG1レースの売上は100億円が当たり前となっている中、
G2、G3レースの売上は30~60億円と言われていますので、
初めての海外馬券購入のスタートしては、
今後の伸びが期待できる売上ではないでしょうか?

また、海外馬券購入を解禁した途端に、
G2、G3レースの売上に達してしまった事実からも、
海外馬券購入の潜在的なニーズも知ることが出来ますね。

現状、日本のJRAでは、
2016年の凱旋門賞の馬券の購入が出来ただけで、
今後の海外馬券購入の対象レースは発表されていません。

イギリス政府公認のスポーツベット「ウィリアムヒル」であれば、
いつでも海外競馬の馬券を購入することが出来ますので、
海外競馬を楽しみたいファンは、
ウィリアムヒルで海外競馬の馬券購入をしてみてはいかがでしょうか?

>>> 日本から海外競馬の馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

 

日本の競馬の「格付け」は国際的にどのあたりか

2日夜に行われた凱旋門賞(フランス・シャンティイ競馬場)。

 テレビの前でレースを見守った人の多くは、ため息をついたはずだ。今回、日本馬として初の凱旋門賞制覇を目指して参戦したのは日本ダービー馬のマカヒキ。前評判では十分勝算があると見られていたが、最後の直線では馬群に沈み、16頭立ての14着に終わった。

 注目度を高めたのは、日本馬初制覇の期待だけでなく、このレースから海外競馬の馬券が買えるようになったこともあるだろう(インターネット投票のみ)。JRAの発表によれば売上は41億8599万円あまり。その多くがマカヒキの応援馬券だったはずで、馬券を買った人は見せ場をつくることもなく、後方を走るマカヒキをぼう然と見つめるしかなかったわけだ。

 しかし42億円近い売上というのは、すごい。日本の中央競馬で行われる最もグレードの高いGⅠレースこそ100億円以上の売上が当たり前になっているが(昨年末の有馬記念は約416億円、今年の日本ダービーは約266億円)、GII、GIIIになると30~60億円といったところ。海外馬券購入可能第1号レースとなった凱旋門賞は、いきなりそれに匹敵する売上を記録したわけだ。

 今回はスポーツ紙をはじめとするメディアが、海外の馬券が買えるようになったと盛んにアナウンスしたこともあるだろうが、グローバル化が進む他のスポーツと同様、競馬も海外で行われるビッグレースに対しては関心が高まっているといえる。

海外のレースでも別格の
注目を集める凱旋門賞とは

 なかでも注目度では別格といえるのが凱旋門賞だ。芝の2400メートルで行われるレース。創設されたのは1920年で100年近い歴史を持つ(今回で95回目)。競馬発祥国イギリスのダービーステークスなどと比べると歴史は浅いが、画期的だったのは国際競走として始められたこと。当初は地元フランスの馬ばかりが勝つ状況が続いたが、第二次世界大戦後に世界一の高額賞金を設定したことから、各国から一流馬が集まるようになった。

 現在の優勝賞金は日本円で約3億3000万円。賞金額ではUAEで行われるドバイワールドカップ(ダート・2000m)の約6億円に譲るが、それでも世界でトップクラスだ。ちなみに日本で行われるレースの最高優勝賞金額はジャパンカップと有馬記念の3億円で、来年1月にはアメリカで、ドバイをさらに上まわる賞金総額約13億円のレースが始まる。

 レースのカテゴリーには芝とダート、短距離・中距離・長距離があって、馬の特性によってそれぞれチャンピオンを決めるレースがあるが、芝の2400mで行われる凱旋門賞はスピードとスタミナを兼ね備えたナンバー1ホースを決める国際レースといえるだろう。

 日本で凱旋門賞が注目されるのは、そうした伝統や格とともに、日本馬が挑戦し続けていることもある。1969年のスピードシンボリの挑戦を端緒に、これまでのべ19頭の日本馬が凱旋門賞に挑んできた。参戦の勢いをつけたのは1999年にエルコンドルパサーが2着に入ってから。この好成績は日本の競馬関係者やファンに凱旋門賞制覇は決して夢ではないと思わせ、毎年のようにトップホースが挑戦するようになった。

 だが、期待された日本の名馬たちは、そのたびにヨーロッパ勢の厚い壁に跳ね返された。2006年にはディープインパクトが3着(レース後に禁止薬物が検出されて失格)、2010年にはナカヤマフェスタが2着、12年・13年の2年連続でオルフェーブルが2着に入ったが、優勝には届かなかった。ちなみに、これまでの優勝馬を国別で見ると、フランス=66回、イギリス=13回、アイルランド=8回、イタリア=6回、ドイツ=2回。ヨーロッパの5ヵ国だけなのだ。もし日本馬が勝てば、ヨーロッパ以外の国の馬の初勝利ということになり、世界の競馬界にとっても快挙になるわけだ。

 今回、その期待を背負って戦ったのがマカヒキだったが、惨敗に終わった。日本馬が凱旋門賞で勝てない要因については競馬専門誌をはじめ、多くのメディアが分析するだろうから、ここでは日本の競馬のレベルを考察してみたい。

公式の「格付け」では最上位
実績でも上位は間違いない

 まず、世界で競馬が行われているのは何ヵ国あるのか。世界の競馬を統轄する組織に国際競馬統括機関連盟(IFHA)があり、59ヵ国が加盟している。国際的に知られる大レースがあったり日本の競馬で活躍する騎手の出身国などから盛んだとイメージできるのは、イギリス、フランス、イタリア、アイルランド、ドイツといったヨーロッパ諸国やアメリカ、オーストラリア、UAE、香港くらいしかないが、南米のブラジルやアルゼンチン、アフリカなど、世界のかなりの国で競馬は行われているのだ。

 そして各国の競馬は、明確に格付けがされている。格付けを行っているのは国際セリ名簿基準委員会(ICSC)という組織だ。各国の競馬のレベルとは種付けから育成、調教を行う競走馬のレベルであり、それらの馬が出走するレースのレベルということになる。競走馬は国際的にセリにかけられ、取引されることから統一した基準が必要であり、ICSCが格付けをするわけだ。

 その格付けはパートI、パートII、パートIIIという3つのカテゴリーに分けられている。

 最も高い格付けのパートIに最初(1981年)に認定されたのは、イギリス、フランス、アイルランド、イタリア、ドイツ、アメリカ、カナダの7ヵ国。続いて、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、ブラジル、チリ、ペルー、南アフリカの7ヵ国が認定され、2003年にUAE、2007年に日本、2016年に香港がパートIIから昇格した。この17ヵ国が格付け最上位、つまり競馬のレベルが高い国ということになり、そこに日本は入っているわけだ。

 パートIに認定されると、どのような利点があるのか。日本産馬が国内のレースで好成績を残すことは、その馬の能力の高さや血統の良さの証しとなり国際的な評価を得ることができる。また、日本のレースに参加する外国馬にとっても、レベルの高さを示すことになる。国際交流が促進され、一層のレベルアップができる環境ということでもある。日本の競馬は世界の競馬一流国と肩を並べる水準になっているとお墨付きを得たわけだ。なお、アジアではインド、韓国、シンガポール、マレーシアがパートIIに格付けされている。

 また、国際競馬統括機関連盟では、世界で行われるGIレースのランキングも発表している。最新ランクの1位は凱旋門賞、2位はアメリカのブリーダーズカップ・クラシック、3位はイギリスのインターナショナルステークスだが、7位にジャパンカップ、11位には有馬記念が入っている。また、100位以内にランクインしたレース数も日本は10と多い。オーストラリアの23、アメリカの21、イギリスの17に次いで4位の数だ。

 さらに統轄機関連盟では国際競走の成績をポイント化した「ワールド・ベストレースホース・ランキング」を発表しており、2014年はドバイ・デューティーフリーを勝ったジャスタウェイが1位になった。そして現在も今年5月に行われたフランスのイスパーン賞を圧勝したエイシンヒカリが1位にランクされている。日本は世界の最優秀競走馬を輩出した実績を持っているのだ。

 だが、格付けが最上位にあるとか、日本の競走馬やレースの国際的評価が高いといわれても、凱旋門賞で勝てない状況を見ると「本当かよ」と思う人は多いだろう。悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げるスーパーホースの登場を待ちたい。

【2016年10月4日 ダイヤモンドオンライン】

 

>>> 日本から海外競馬の馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス