【記事】東証一部上場企業もカジノ事業参入。バンダイナムコもカジノ機器開発へ。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

日本でもゲームメーカーとして有名なバンダイナムコが、
カジノ機器開発へ参入すると発表しました。

カジノ機器の販売は、厳しい審査によるライセンス取得が必要になるが、
オーストラリアの企業と業務提携することで、
その問題をクリアにする。

カジノ機器事業では、今回のバンダイナムコ以外にも、
コナミやセガサミーといった同じくゲームで有名な企業も、
すでに参入済み。

日本ではカジノは「裏」のビジネスの印象が強いですが、
コンプライアンスに厳しい東証一部企業も参入するほど、
世界的に問題のないビジネスです。

子供の頃から慣れしたんだゲーム会社が
カジノ事業に参入することで、
「カジノ」のイメージが変わり、
一般的な遊びの一つになっていくかもしれませんね。

バンダイナムコ、カジノ機器に参入 豪企業と提携

 バンダイナムコエンターテインメントは28日、カジノ機器事業に参入すると発表した。豪大手のアインズワースゲームテクノロジーと業務提携する。バンダイナムコがアニメやゲームなどのキャラクターを活用したソフト開発で協力。アインズワースが生産し、豪州や北米地域での販売をめざす。

 バンダイナムコはこれまでも、パチンコなど遊技機の開発でキャラクター活用を進めてきた。その知見を生かして、カジノ機器事業に参入する。同社は「パックマン」など海外で人気の高いキャラクターの版権を持つ。

 カジノ機器の販売では各国・地域で厳しい審査によるライセンス取得が必要になる。バンダイナムコは自社ではライセンスを取得しない方針という。日本ではコナミホールディングスやセガサミーホールディングスもカジノ機器事業を手がけている。

【2016年9月28日 日本経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス