【記事】大阪市長シンガポール訪問。カジノ誘致に取り組む考え。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

カジノ誘致に積極的な自治体の大阪市。

そんな大阪市の吉村市長は、
シンガポールのカジノやホテル、
国際会議場などが一体となった複合型観光施設。
通称IRを視察し、大阪にカジノ誘致に取り組む考えを示しました。

その背景には、
カジノは、日本のギャンブルよりも
ギャンブル依存対策がしっかり出来ており、
対策を講じることで、効果をあげられると感じたようです。

2020年の東京オリンピックに間に合わせた
日本でのカジノオープンが現実的ではなくなり、
関係者の熱も少し覚めた印象ですが、
今回の大阪と都知事が変わった東京。

この2都市は引き続き誘致の熱が高いようですね。

カジノ誘致目指す大阪市長 シンガポールの施設視察

カジノを含む複合型観光施設の誘致を目指している大阪市の吉村市長は、シンガポールを訪れ、現地の施設を視察するとともに担当者からギャンブル依存症を防ぐための対策などについて説明を受けました。
シンガポールを訪れている大阪市の吉村市長は4日、中心部にあるカジノやホテル、国際会議場などが一体となった複合型観光施設=IRを視察しました。
大阪市は国会でカジノの解禁に向けた議論が行われる中、外国人観光客の誘致や雇用の創出などを目的に、複合型観光施設の誘致を目指していますが、ギャンブル依存症をどう防ぐかなどが課題となっています。
こうした対策について、施設の運営会社の責任者はカジノの入場料について、外国人は無料とする一方、シンガポール人は日本円でおよそ8000円を払わなければならないほか、家族などの要請があれば、入場を制限する措置を取っていると説明しました。
吉村市長は視察のあと、報道陣に対して、「ギャンブル依存症は対策を講じることで効果を挙げられると感じた。世界の都市間競争に勝ち残っていくためにも、こうした施設を誘致したい」と話し、ギャンブル依存症の対策を検討しながら施設の誘致に取り組んでいく考えを示しました。

【2016年9月4日 NHK】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス