【海外】マカオのカジノ関連株。いよいよ底入れか!?

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

カジノといえばラスベガス

という心象が強いですが、
中国人富裕層の影響でカジノ事業で急成長をし、
ラスベガスを抜いて世界第一位にもなったマカオ。

そんなマカオ。

ここ2年ほどはマイナス成長を続けていますが、
マカオ当局が30日に発表した
4-6月の域内総生産(GDP)によると、
前年同期比7.1%減という結果に。

落ち込み幅が縮小し、
そろそろ底入れだと期待が高まっています。

再び世界中から資本が集まり、
活気あるマカオが復活する日も近いかもしれませんね。

マカオ:4-6月GDP、7.1%減-カジノ業界の底入れ近い兆し

マカオ経済のマイナス成長は2年に及ぶが、カジノ業界の底入れが迫っている兆しがあり、4-6月(第2四半期)も前年同期からの落ち込み幅が縮小した。
  マカオ当局が30日発表した4-6月の域内総生産(GDP)は前年同期比7.1%減。1-3月(第1四半期)は13.3%減だった。

【2016年8月30日 Bloomberg】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス