【海外】イギリスのユーロ残留がほぼ決定か!?ウィリアムヒルでは残留85%。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

イギリスがユーロから離脱するのでは?

と、その動向が世界中から注目されていますが、
その是非を問う国民投票は、
イギリスで2016年6月23日に実施されています。

一時は「離脱」の可能性も高く、
残留希望派としては、予断を許さない状況でしたが、
国民投票1ヶ月前となり、残留の可能性が高くなってきたようです。

といいますのも、
イギリス政府公認のブックメーカー「ウィリアムヒル」では、
今回の国民投票も「賭け」の対象としており、
このオッズによると、残留が85%の確率で高い結果となったとのこと。

オッズはこちらから確認できます。

「ユーロ・スペシャル – 英国のEUメンバーシップ国民投票の結果はどうなるか?」
を、ご覧ください。
※6月24日まで

ウィリアムヒルは、これまでにもイギリス王室のロイヤルベビーの名前予想や、
2020年のオリンピック開催地予想など、
様々な予想を賭けにしてサービスを提供していることでも、
日本の情報番組などでも度々紹介されていますが、
今回のような「政治」も賭け事の対象となっていることは、
日本にはないイギリスの文化でもあり、面白いですね。

>>> イギリス政府公認!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

英国のEU残留確率85%、過去最高=賭け業者ウィリアム・ヒル

- 英ブックメーカー(賭け業者)のウィリアム・ヒルは23日、英国が6月23日の国民投票で欧州連合(EU)への「残留」を決める確率を85%に引き上げた。国民投票の日程が発表されて以来の高水準。

EU残留への賭けの倍率は85%の確率を示す1/6となり、これまでの1/5(確率83%)から低下した。

EU離脱への賭けの倍率は20%の確率を示す4/1。これまでは10/3(確率23%)だった。

国民投票の日程が発表された2月20日時点では残留への賭けの倍率は2/7、離脱は5/2だった。

【2016年5月24日 ロイター】

イギリスのユーロ残留の予想に参加するなら、コチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>> イギリス政府公認!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス