【海外】岡崎所属レスターのオーナー。優勝直後にカジノで4億円の大勝利。

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

今季から日本代表の岡崎が所属して、
プレミアリーグ初優勝をしたことでも話題のレスター。

そのレスターのオーナーが手にしたのは初優勝だけではなく、
レスター優勝の2日後、
カジノで4億円をゲットしていたというのだから、勝負強さに驚きです。

カジノはギャンブルという側面がある一方で、
「なぜか、経営者がよく勝つ」という噂もよく耳にします。

カジノでは勝負の流れの読み方、勝負に行くタイミングの舵取りが、
経営の手腕に似ている部分があり、
ビジネスの経営者がカジノに強い
と、言われる理由かもしれません。

そう考えると、プレミアリーグ初優勝をしたレスターの今回の快進撃。

ただのギャンブル的な「運」ではなく、
オーナーだけは、しっかり今回の優勝を見越していたのかもしれませんね。

レスターのタイ人オーナーがカジノで4億円ゲット!

 世の中、本当に不公平だ。筆者のような、しがないサラリーマンは給料日直後であっても、お金が次々と各種支払いに消えていく。

 一方、大金持ちは潤沢な資金をもとに、ふところをどんどんと肥やしていく。

 貧乏人はより貧乏に、金持ちはより金持ちになっていくのが現代なのだ。そして、そんなことをあらためて実感せざるを得ない出来事が起こった。

 プレミアリーグで創設133年目にして初優勝を飾ったレスター。日本代表FW岡崎慎司も所属するあのレスターのオーナーが、優勝決定の2日後、カジノで大勝ちしたという。

 英デーリーメール紙(電子版)によると、タイ人のスリバダナプラバ・オーナーが4日、レスター市内のカジノで250万ポンド(約3億9900万円)もの大金をもうけたという。

 同オーナーはカードゲーム(ブラックジャックなのかバカラなのか、別なものなのかは不明)に興じたようだが、4億円近いお金を得て、店を後にしたそうだ。

 海外でカジノに行ったことのある読者の方なら分かるだろうか、一般人が数万円程度の資金でブラックジャックやバカラをやっても億というもうけにはならない。どちらも基本的には勝つとかけ金が2倍になるという倍々ゲームだからだ。

 元手が数百万、数千万というスケールでやるから億というもうけになる。いくら一獲千金を狙ってカジノに行っても、一般人がカードゲームでレスターのタイ人オーナーのように勝つことは不可能なのだ(スロットマシン等でとんでもない大当たりが出たりすれば別だが)。

 スリバダナプラバ・オーナーは今季、スタジアムを訪れたサポーターに感謝の気持ちとしてビールなどを無料で提供。優勝を勝ち取った選手たちにはベンツをプレゼントすると話している。

 でもフォーブス誌によると、タイで4番目にリッチな同オーナーは、これまで免税店の経営などで32億ポンド(約5100億円)の富を築き上げてきた。

 それを考えるとサポーターや選手へのプレゼントなんてたいした金額ではない気がしてくる。選手へのベンツの代金は、カジノでの4億円のもうけでほとんどカバーできそうだし。やっぱり世の中は不公平だ。

【2016年5月7日 nikkansports.com】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス