【記事】東京五輪までの開業は断念!?カジノ解禁。

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

政府は、東京での五輪招致が成功してから、
五輪とカジノの相乗効果で経済を活性化する
という目的で、
日本でのカジノ解禁も注目されるようになってきましたが、
五輪までの開業は諦める意向のようです。

これは、14年に経済産業省や観光庁などの職員ら約30人で発足した
IR実現に向けた課題や諸外国の事例などを研究してきた「特命チーム」の事務所が、
近く閉鎖される事によるもの。

今の時期としては東京五輪までのカジノ開業は、
かなり厳しいスケジュールであることは理解できますが、
東京五輪開催後の日本経済を予測すると、
オリンピック特需の反動がこわいところ。

その反動を抑える意味でも、
新たな産業である「カジノ」の誘致は実現したいところ。

五輪開業前に間に合わなくても、
進めるべきだと思いますが、、、。

 

カジノ特命チーム業務凍結「五輪に間に合わぬ」

 政府は、カジノなど統合型リゾート(IR)の推進役を担う内閣官房の特命チームの業務を当面、凍結する方針を固めた。

 カジノを解禁するIR推進法案の成立に見通しが立たないためだ。政府はIR開業を2020年東京五輪・パラリンピックに向けた成長戦略の目玉に位置付けていたが、政府高官は「東京五輪にはもう間に合わない。長期的な検討課題として練り直すべきだ」としている。

 特命チームは14年に経済産業省や観光庁などの職員ら約30人で発足し、IR実現に向けた課題や諸外国の事例などを研究してきたが、専用の事務室は近く閉鎖される。必要に応じて活動を再開できるよう、特命チームとの併任は解かない方向だ。IR推進法案は、超党派の議員連盟が13年に国会に提出したが廃案となり、15年に自民、維新、次世代の3党が共同で再提出した。ただ、カジノ解禁には「ギャンブル依存症が増える」などと弊害も指摘されており、特に公明党内で慎重論が根強い。法案を共同提出した維新が分裂した影響もあって継続審議になっている。

【2016年3月22日 YOMIURI ONLINE】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス