【海外】フィリピンカジノ事業2倍の成長見込み。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

フィリピンではここ数年で、
新規のカジノリゾートがオープンして盛り上がっていますが、
25年には、フィリピンのゲーミングの売上は、
現在の2倍以上の約40億ドルに達すると期待されています。

フィリピンではオンラインカジノのゲーミング会社も多く、
日本と同じアジア圏の中でも、
最もゲーミングの伸びが期待される地域。

日本国内では、
カジノ解禁が期待されるようになって数年が経過していますが、
フィリピンの勢いとスピードの速さは、
国の経済を成長させる観点で見習いたいですね。

フィリピン 25年にカジノ売上2倍の期待

 フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング公社(PAGCOR)のNaguiat会長は、マニラ郊外のいくつかの候補地(具体的な地名は明らかにせず)で、3億ドル規模のワールドクラスのカジノリゾート建設を確約できるオペレーターに対しライセンスを発行する意向であることを明らかにした。

 フィリピンでは既にマニラ近郊の湾岸120ヘクタールの土地に10億ドル規模のカジノリゾート4つが建設を認められているが、アナリストは地方にワールドクラスのカジノリゾートができれば、当然マニラ湾岸のリゾートと競合することになると指摘する。この新たな地方プロジェクトに関する最低投資額は、現開発プロジェクトのリーダーであるベニグノ・アキノ大統領が任期満了を迎える6月以降に定められる見通しだという。

 マニラ湾岸では13年にブルームベリー・リゾートが、昨年メルコ・クラウンがそれぞれカジノリゾートをオープン。さらに日本のユニバーサルエンターテイメントが今年12月、地元フィリピンの富豪アンドリュー・タンとゲンティンのLim Kok Thayが20年までに開業を予定している。このほか、フィリピンにはPAGCOR運営のカジノ施設も13カ所あり、うち10カ所はマニラ以外にある。

 マニラ湾岸の4つのプロジェクトが営業を開始すれば、フィリピンのゲーミング売上は25年には現在の2倍以上、約40億ドルに達すると期待されている。

【2016年3月16日 nikkansports.com】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス