【海外】マカオカジノ収入。旧正月で予想以上の上回り。

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

マカオのカジノ収入は、
2014年に中国が始めた
汚職撲滅キャンペーンの影響を大きく受けて、
これまでマカオカジノの収入源の多くを占めていたVIP客が減少し、
成長の鈍化が心配されています。

しかしながら、2月に限っては、
旧正月の予想以上の観光客の増加により、
予想以上の収入だったようです。

日本に置き換えてみても、
旧正月は中国からの観光客が増えていますし、
それでなくても増加しているインバウンド消費。

マカオ同様、日本にも海外からの訪問客が遊ぶためのカジノ施設があれば、
さらに観光収益が見込めるはず。

カジノ解禁に注目が集まってから、
時間が経過していますが、
この機会損失はもったいないですね。

 

マカオカジノ収入、2月はほぼ横ばい 旧正月で訪問客増加

中国のマカオ特別行政区が1日発表した統計によると、2月のカジノ収入は前年比0.1%減の195億パタカ(24億ドル)で、昨年10月の200億パタカ以来の高水準だった。旧正月(春節)の大型連休中の訪問客数の増加が寄与し、アナリスト予想平均の2─10%減を大幅に上回った。

歳入の80%をカジノからの収入に依存するマカオ経済は、2014年に中国が始めた汚職撲滅キャンペーンの影響で、カジノに大金を落とすVIP客が減少し、打撃を受けている。カジノ収入は5年以上ぶりの低水準で推移している。

政府データによると、1月の中国本土からの個人訪問客数は前年比2.6%増、2月7─13日の旧正月期間中の本土からの総訪問客数も4.5%増だった。この傾向について、アナリストは業界にとっては良い兆候と述べた。

【2016年3月1日 ロイター】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス