【記事】NHKでも話題に。全豪テニスで八百長の疑い。

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

2016年最初のテニスグランドスラム「全豪オープンテニス」

選手たちのプレーではなく、
八百長騒動で注目されることになってしまい、
テニスファンとしても残念な報道ですが、
日本のNHKでも全豪オープンの八百長について報道され、
世界的に注目が集まっています。

内容としては、

全豪オープンテニスのあるミックスダブルスの試合をめぐり、
八百長が行われた疑いがある。

とのこと。

この根拠として、あるブックメーカーでは、
一部の利用者から「あるプレイヤーに」偏って賭け金が集中したため、
不自然だと判断して、試合の賭け自体を無効にし、
オーストラリアの地元警察に連絡をした動きによるようです。

八百長かどうか?

という判断は出ておりませんが、
もし、八百長であれば悪質なブックメーカーの工作の影響で、
優良ブックメーカー自体も、
ブックメーカーを純粋に楽しんでいるユーザー自体も、
損害を被る許されない行為。

今回のブックメーカーがとった賭けの停止措置のような監視体制は、
素晴らしい対応といえますね。

不正なベットに巻き込まれず、
純粋に予想を楽しむためにも、
優良ブックメーカーの利用が何よりも安心です。

全豪テニス 混合複で八百長の疑いか 米紙報道

テニス界で八百長疑惑が取り沙汰されるなか、アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」は24日に行われた全豪オープンのミックスダブルスを巡って八百長が疑われる不自然な賭け金の動きがあったと伝えました。

ニューヨーク・タイムズは24日、この日行われたミックスダブルスの1回戦を巡って八百長が疑われる不自然な賭け金の動きがあり、賭け事を主催するブックメーカーの一つがその試合の賭けを停止する事態になったと報じました。
それによりますと試合はチェコの選手とポーランドの選手のペアと、スペインの選手どうしのペアの対戦で、一部の利用者からチェコとポーランドのペアへの賭け金が不自然に集中したため、ブックメーカーが試合開始の13時間前に賭けを停止し、不正の可能性があるとしてオーストラリアの地元の警察当局に連絡しました。また別のブックメーカーにも、この試合に対して同じ種目の平均のおよそ40倍に当たる2万5000ドル(日本円でおよそ300万円)以上が賭けられたということです。
試合は多額の賭け金が投じられたチェコとポーランドのペアがセットカウント2対0で勝ちましたが、敗れたスペインのペアは試合後の記者会見で膝のケガがプレーに影響したとして、八百長を否定しました。ITF=国際テニス連盟は今回の疑惑について把握していないとしています。
テニス界を巡っては今月、イギリスの公共放送BBCなどがトッププロを含む一部の選手が意図的に試合に負け、その選手とつながっている組織などがブックメーカーが主催する賭けによって大金を手に入れる八百長が繰り返されていると指摘しました。そして現在行われている全豪オープンにも関与が疑われる選手8人が出場していると伝え、八百長疑惑が取り沙汰される事態となっています。

【2016年1月25日 NHK】

>>> 人気のスポーツベット♪ ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス