【記事】NTT西日本社長、三井住友銀行副会長らカジノ誘致へ要望。

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

大阪でのカジノ誘致といえば、
橋下徹前市長が積極的に動いておりました。

しかし、電撃的に辞任をしたことで、
大阪誘致の熱が下がっていたような印象を受けますが、
関西経済同友会は大阪ダブル選で知事に再選した松井一郎知事と、
市長に初当選した吉村洋文氏に対し、
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の要望書を手渡し、
関西の経済界や大阪トップの方針は変わらず、
誘致を目指しているようです。

カジノ誘致を目指す関西経済同友会には、
NTT西日本社長や三井住友銀行副会長といった
日本を代表する上場企業の役員が名を連ね、
今回も、実際に要望書を手渡しています。

日本では、まだまだ偏見の強い「カジノ」が、
表舞台に出てくることに意外かもしれませんが、
カジノビジネスは、怪しいビジネスではなく、
日本の上場企業も注目する真っ当なビジネスです。

カジノに対して、
犯罪などのイメージが強いかもしれませんが、
コンプライアンスが厳しい昨今。

上場企業の役員が犯罪に加担することは考えられませんので、
その点からも、カジノビジネスの透明性が垣間見えるのはないでしょうか?

 

「カジノ」「関西ワールドマスターズゲームズ」-関西経済同友会が松井知事と吉村新大阪市長に要望書

 関西経済同友会は14日、大阪ダブル選で知事に再選した松井一郎知事と、市長に初当選した吉村洋文氏に対し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致や、平成33年に開催予定の「関西ワールドマスターズゲームズ」への協力などを盛り込んだ要望書を手渡した。

 要望書は関西経済活性化に向け、IR誘致などのほか、二重行政問題の解消や交通インフラの整備なども盛り込まれた。

 この日午前、村尾和俊代表幹事(NTT西日本社長)と蔭山秀一代表幹事(三井住友銀行副会長)、加藤好文常任幹事(京阪電気鉄道社長)が府庁で松井知事に面会した。

 要望について、松井知事は「考え方はほぼ同じ。スピード感をもってやるためにも、大阪都構想が必要だ」と主張。村尾氏は「対立で要望が横に置かれ、全く進まないことではわれわれの思いとは違う。色んな人の意見を聞き、よく対話をしていただきたい」と求めた。村尾氏らは吉村氏にも同じ要望書を手渡した。

【2015年12月14日 産経WEST】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス