【速報】 マカオのカジノにゲームセンターがオープン!?

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

マカオのカジノ「サンズ」で、プリクラUFOキャッチャーが遊べるそうです。
本場カジノと日本のゲームセンターとのコラボですね。

アドアーズはマカオの第一号店
「Adores SANDS MACAO」の営業を開始

■初年度売上予想は、170百万円を見込む

アミューズ施設運営のアドアーズは、マカオの第一号店「Adores SANDS MACAO」にかんして、マカオ当局より運営の許認可がおり、本日(9月2日)付で営業を開始したことを発表した。

同店は、同社が100%出資を行っているマカオ現地法人である「Adores Macau Limited」が直営するマカオ国内第一号店である。カジノ業界最大手のひとつである「Las Vegas Sands, Inc」の現地子会社である「VENETIAN MACAU LIMITED」が運営するカジノホテル「SANDS」内のエントランス区画のひとつでの出店となる。

マシン台数は、 クレーンゲーム26台、プリクラ3台、体感ゲーム6台。初年度売上予想は、170百万円を見込んでいる。

SANDS MACAOは2004年の開業以来、マカオ国内外の多くの観光客に人気の高いカジノ施設であるが、近年では増加傾向にあるファミリー・女性層へのサービス提供に注力している。こうした中、同社の上質な雰囲気づくりとハイエンド層向けの高いホスピタリティ、幅広い年齢層に対応するサービス力が評価され、今回の出店となった。

同社では、同店運営でのノウハウを蓄積しながら、今後もマカオならびに他地域を含めて、積極的に海外進出を検討するとしている。

■国内では少ない金額で、長時間楽しめることから、シニア層の常連も増え始める

一方、国内では、顧客の主流が若年層であったが、少ない金額で、長時間楽しめることから、シニア層の常連も増え始めている。この様に、幅広い年齢層にアミューズメント施設が受け入れられつつあることから、憩いの場としての価値が一層鮮明になってきている。

今期の業績は、8月9日に第2四半期、通期業績予想を上方修正しているように順調に推移している。

今通期業績予想は、売上高は前回通りの24,000百万円(前期比7.5%減)、営業利益は前回予想を100百万円上回る1,000百万円(同3.8倍)、経常利益は100百万円上回る800百万円(同10.8倍)、純利益は80百万円上回る700百万円(前期△4,197百万円)と減収ながら大幅増益を見込んでいる。

海外で1号店が営業を開始し、国内でもシニア層の売上拡大が予想されることから、国内外ともに新規顧客の開拓が順調であり、今後の事業展開が順調に進むことが予想される。

【2011年9月4日 日本インタビュ新聞】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0904&f=business_0904_005.shtml

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス