【海外】セガサミーのカジノマシンが「ヴェネチアンマカオ」に設置!

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

セガサミーといえば、
日本でもパチンコメーカーとして有名ですが、
この度、セガサミー製のカジノマシンが世界デビューしました。

カジノに設置するための各ライセンス問題をクリアし、
2015年5月29日に「ヴェネチアンマカオ」にて設置され、
稼働がスタートしました。

世界デビューしている日本製のカジノマシンとしては、
あの「コナミ」も人気が高く、
一足早く世界のカジノで導入されていますが、
セガサミー製のカジノマシンにも人気に火がつき、
クオリティの高い日本のゲームが世界に広まっていくことを期待。

また、コナミやセガサミーの日本製のカジノゲームの人気が不動のものになり、
オンラインカジノのゲームとして追加されると、
さらにオンラインカジノ人口が増えそうで楽しみな動きですね。

 

カジノマシンがマカオデビュー セガサミークリエイション

 セガサミークリエイション(東京都豊島区)は2日、5月29日に同社製第1号機となるカジノマシン「SICBO BONUS JACKPOT」を中華人民共和国マカオ特別行政区の大型カジノ施設「ヴェネチアン マカオ」に設置した旨、発表した。

 導入したカジノマシンは、2013年の同社設立当初より開発に着手。14年5月にカジノ機器の認証機関により世界水準のカジノマシンとして承認された。また同年、マカオにおける販売メーカーライセンスも取得。マカオ地区での同社製カジノマシンの販売活動が可能となった。15年4月には、DICJ(マカオ政府博彩監察協調局)へ同機のカジノフロア設置に伴う申請手続きを行い、正式にカジノ機器設置に関する承認を受け、マカオにある全カジノ施設に導入できる態勢を確立。そして5月29日、世界最大のカジノオペレーターである米ラスベガスサンズグループが運営する「ヴェネチアンマカオ」のカジノフロアに同機を設置、稼働させるに至った。

 マカオでは新しいコンセプトのカジノマシンへの需要も高く、同社では引き続き、世界最大のカジノ市場の一つであるマカオで積極的にカジノマシンの販売活動を行っていくという。

 一方、パチンコホールを全国にチェーン展開するダイナム(東京都荒川区)は、東日本大震災に関する復興支援のため、全国の同社店舗の来店客の協力により寄付活動を実施。14年9月1日から15年2月28日に集まった6155万992円を宮城・岩手・福島の3県に均等配分し、5月中にそれぞれの自治体に寄付した。

【2015年6月13日 SankeiBiz】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス