【記事】カジノ解禁いよいよ!?ビートたけしのTVタックルでカジノ特集。

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

様々なテーマをとりあげ、
賛成派と反対派の各専門家を呼び、
白熱したディスカッションで人気の番組
「ビートたけしのTVタックル」

6月1日の放送では、カジノ特集が放送されました。

「賛成」「反対」など、カジノ解禁へ向けて、
民間の番組でも、いよいよ議論がされ始めましたが、
「既存産業の抱える問題点」と「カジノ」が同一視されているので、
まだまだカジノへの「正しい理解」が浸透していない印象。

ですが、このような多くの人が視聴する機会のある「番組」が、
番組テーマに「カジノ特集」を取り上げることの背景には、
それだけ視聴者の関心が呼べる。
という、カジノが注目されている証拠でもあります。

このような番組がきっかけになり、
「ただの偏見」でカジノ解禁を反対していた人々が、
日本が目指すカジノ解禁の将来像を誤解なく理解し、
徐々にでも、カジノ解禁を後押しする世論となっていきそうですね。

 

「ビートたけしのTVタックル」 カジノ特集で批難飛び火「パチ屋潰せよ」「パチンコのほうが害悪」

 1日、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」でカジノ特集が放送。「カジノは日本を救う!? 滅ぼす!?」というテーマで、賛成派と反対派が激論を交わした。

 日本は2020年「東京オリンピック」の開催に連動して、カジノを解禁する方針で、現在カジノ合法化に向けた関連法案の成立を目指している。カジノが解禁されることで、経済効果アップ、雇用創出、外貨獲得などのメリットもあるというが、犯罪者及び自殺者の増加、ギャンブル依存症などデメリットの部分もあると、番組では紹介された。

 ネット上では「カジノどうのこうの前に、パチンコを撲滅するべきでは?」「カジノは結構 その代わりにパチンコ潰せよ」「パチンコのほうが害悪」「カジノはいいけど、パチ屋潰せよ」「パチンコを禁止にしてカジノを作ろう」とカジノよりパチンコを批難する声が噴出し、意見が飛び火した。

 番組内で実際にルーレットカジノを体験したビートたけしは、「今これだけ負けても楽しんだからいいじゃないかっていう。わきまえる人がちゃんといればいいけど…」とやや賛成派寄りだったが、「博打で損した金は、博打で取り戻そうという根性になるとダメだよね」と不安な点も指摘した。

【2015年6月2日 livedoorNEWS】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス