【記事】カジノ法案。6月末から審議入り。可決・成立を目指す。

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

4月に提出された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」
(IR推進法案)

いわゆる「カジノ法案」の審議入りの時期を、
6月下旬から6月末を視野に入れ、
今国会での可決・成立を目指す。

という方針を、カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する
超党派の議員連盟(IR議連)が確認しました。

昨年の前回のカジノ法案提出時には、
重要法案の審議のため、廃案となってしまった過去がありますが、
今国会でも同様に審議に時間がかかる重要法案がひかえており、
その点が、法案通過に心配されるところ。

しかしながら、カジノを誘致して
地方を活性化させる起爆剤が欲しい各地自治体の視点から考えると、
内閣が推進する「地方創生」「地方活性化」としても重要な動き。

カジノ誘致が「地方創生」に大きく貢献できることが理解されれば、
今国会では、「ただ廃案」になってしまう。
という、進歩のない同じ道はたどらない気配はしますね。

カジノ法案、審議入りは6月末視野に=IR議連

カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する超党派の議員連盟(IR議連)は21日の幹部会で、カジノ解禁のための法案(通称IR推進法案)の審議入りの時期について、6月下旬から同月末を視野に入れ、今国会での可決・成立を目指すことを確認した。

ただ、安全保障法制の関連法案の審議次第で、予定がずれ込む可能性も残されている。

付託委員会については、これまで候補として内閣委員会と国土交通委員会が挙がっていたが、IR誘致が地方の経済活性化につながるとの見方から、きょうの部会では地方創生特別委員会への付託案も出たという。

IR議連は今年4月末、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(IR推進法案)を国会に再提出していた。

今国会では安保関連法制の審議が最優先とされ、野党からは同関連法制の法案審議時間の長さや審議内容で、すでに反発が表面化。審議の行方は不透明となっている。

このためIR推進法案については、議員立法として提出されていることもあり、実際に審議入りし可決・成立できるか、先行きが見通せない情勢が続いている。

【2015年5月21日 ロイター】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス