【海外】カジノ解禁を見据え、日本企業がカジノ産業へ進出。

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

2020年の東京オリンピック開催前に、
日本でのカジの開業を目指すため、
「カジノ法案」が国会へ提出され、
いよいよ日本企業もカジノ解禁を見据えて
積極的に動いているようです。

アジア最大のカジノ産業総合展示会
「グローバル・ゲーミング・エキスポ・アジア(G2Eアジア)」が
マカオで開催中ですが、
日本企業が約10社ほど出展をしているのです。

2020年の東京オリンピック誘致が決定する前の
3年前のG2Eアジアでは、
日本のカジノ解禁は、ほとんど現実味がないものでした。

そのためその当時は、
1~2社程度しか日本企業が出展をしておらず、
カジノ産業への進出は、企業としても「賭け」でした。

しかしながら、日本でもカジノ解禁が近いと期待される中、
企業の判断としても「賭け」ではなく、

「ビジネスチャンスの時期が到来した」

と、時勢を読んで、
今回のカジノ産業への進出の動きと考えられます。

「日本の大手企業が資本を投じて新たな産業へ参入する」

と、判断を下すからには、
カジノ産業での成功の可能性が高い。
と、算段をしている背景があるはず。

このような大手企業の動きからも、
いよいよ日本のカジノ解禁が近づいている印象を受けますね。

アジア最大のカジノ展示会が開幕 解禁にらみ、日本企業が殺到

アジア最大級のカジノ産業総合展示会「グローバル・ゲーミング・エキスポ・アジア(G2Eアジア)」が19日、中国・マカオで開幕した。日本でのカジノ解禁を見据え、国内企業約10社が出展、エンターテインメント性や品質の高さをアピールしている。21日まで。

 2回目の参加になるセガサミークリエイションは、3月にマカオ政府からカジノ機器設置の認可を取得。今月にはマカオで初めて機器を導入する。

 今回は、3つのサイコロの合計を当てるゲーム機を目玉とした。機器は中国人が好きな「龍」を装飾し、色も赤を基調にするなど現地の文化を取り込んだ。

 すでに海外展開しているアルゼゲーミングは新型のルーレットマシン、コナミは派手なスロットマシンをそれぞれ展示した。このほか、紙幣鑑別機で世界シェアトップの日本金銭機械なども出展した。

 3年前のG2Eアジアには国内企業は1~2社程度しか出展していなかった。今回は「統合型リゾート(IR)整備推進法案が国会で成立していれば、出展する国内企業はもっと増えていた」(展示会運営関係者)という。

【2015年5月19日 産経ニュース】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス