【記事】法案提出を機に「カジノ誘致」激化か!?

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

カジノ法案が提出され、
カジノ解禁が大きく期待されていますが、
政府の方針では、

カジノ解禁後のカジノ運営は、日本で3カ所。
という、考えを示しています。

そんな中、2020年までのカジノ開業の実現力を重要視し、
「横浜」と「大阪」が最有力と言われており、
それが「確定」だとすると、残すはあと1カ所のみ。

長崎県知事が、カジノ誘致を強く要望をするように、
今後、残りの「1枠」をめぐって、
各自治体の誘致合戦がさらに激化していきそうですね。

カジノ法案「早期成立を」 長崎県知事が首相に

長崎県の中村法道知事らは11日、安倍晋三首相を官邸に訪ね、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の整備推進法案の早期成立を求める要望書を提出した。同県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスへのIR誘致も訴えた。

要望書では、IRを地方創生につなげる必要性を指摘した。その上で、ハウステンボスに誘致できれば「九州ひいては日本全体の観光振興、地域振興につながる」と強調した。

【2015年5月12日 産経ニュース】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス