【記事】カジノブームの兆し。メイドカジノが全国展開への一歩。

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

メイド喫茶でも有名な秋葉原。

この秋葉原でメイドさんとポーカーやブラックジャック。
ルーレットなどカジノゲームで遊ぶことが出来る「メイドカジノ」が、
話題になっています。

「カジノゲームなんて、本当に面白いの?」

という疑問があるかもしれませんが、
この秋葉原のメイドカジノ「アキバギルド」。

たった1店舗で月間2500人の来場者数。
さらには、会員数3万人を達成している事実からも、
意外な人気の高さが実感できるのではないでしょうか?

そんな好調なアキバギルド。

この度、その秋葉原の成功を受けてフランチャイズ事業へ参入し、
名古屋でフランチャイズ1号店をオープンすることを決定したようですが、
日本人になかなか接点がない「カジノ」を、
身近で遊べるようになる機会が増えることにより、
日本でもカジノゲームの面白さに気づく人が急増しそうな兆しです。

また「カジノ」と言っても、もちろん完全に合法のお店。

一切換金は出来ませんが、
カジノゲーム初心者の方へは、
メイドさんがルールをレクチャーしてくれるので、
ゲームの遊び方を理解をすることも早いですし、
メイドさんと駆け引きをするカジノゲームの心理戦が、
純粋に楽しめる場所となっています。

「暗い」「怖い」
という、カジノのマイナスイメージが、
メイドさんの「かわいい」イメージで身近な遊びになることで、
オンラインゲーミング市場も、さらに活性化しそうですね。

メイドカジノがフランチャイズ化へ

アミューズメント・カジノ「アキバギルド」を運営するハンターサイトは、カジノ・フランチャイズ事業へ参入することを3日までに発表した。

3月7日には名古屋にフランチャイズ第1号店「ナゴヤギルド」をプレオープン。4日から6日まで開催される第31回フランチャイズ・ショー 2015(東京ビッグサイト)へも出展する。

アキバギルドは秋葉原にあるメイドカジノ。カジノをイメージしたテーマパーク、メイド一人ずつがアトラクションというコンセプトで07年に営業を開始し、ブラックジャックやルーレットなど11テーブルを常設している。また、ポーカーではマカオのカジノと提携して日本代表選手も輩出している。今回のフランチャイズ事業参入も、8年で累計来場者20万人、月間2500人、会員数3万人を1店舗で達成した実績をもとにしたもの。アキバギルドのホームページはhttp://akibacc.com/。ナゴヤギルドはhttp://nagoyaguild.com/。

【2015年3月4日 nikkansports.com】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス