【記事】JRAで凱旋門賞の馬券販売を解禁?

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

日本で競馬を開催するJRA(日本中央競馬会)では、
これまで日本国内の競馬が対象になっており、
オルフェーブルやキズナなど
日本馬が活躍するいわゆる「海外競馬」は対象になっていません。

そのため、凱旋門賞など、
日本馬の活躍が期待される海外レースでは、
日本にいながら海外競馬の馬券が購入できる「ウィリアムヒル」が、
競馬ファンから、密かに人気を集めていました。

>>> 日本から凱旋門賞などの海外馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

ですが、今回の国会では、
海外競馬の特定レースの馬券を購入できるよう競馬法の一部を改正し、
今国会での成立を目指しており、
近い将来、JRA(日本中央競馬会)からも
海外馬券の購入ができるようになる可能性が高くなりました。

JRA(日本中央競馬会)を監督する農林水産省が解禁へ動く。

慎重姿勢のお役所が動くことからも、
海外レースへの人気と、
それだけの経済効果があり収益源として見逃せない!

という背景が垣間見えますが競馬ファンとしては、
海外競馬の馬券を購入しやすい仕組みが出来上がることは、喜ばしいことですね。

また、ウィリアムヒルならば、
すでにネットからの馬券購入が可能で便利ですよ。

>>> ウィリアムヒルの詳細はこちらから

 

海外競馬の国内発売実現へ 早ければ来年度にも

 海外レースの馬券発売に向け、3月中旬にも競馬法改正案が国会へ提出される見通しであることが27日、農水省への取材で分かった。

 この日、競馬法の一部を改正する法律案の骨子が自民、公明両党の農水関係会議で提示され、了承が得られた。来週には条文で提示される模様。その後は閣議決定を経て通常国会に提出し、今国会内での成立を目指す。

 競馬の国際化の進展をはじめとする最近の競馬情勢の変化を踏まえて、国内で海外の特定のレースを発売できるようにすることが今回の法改正の趣旨。

 対象レースに関しては農林水産大臣が指定した競走の中から、JRAが選択する形がとられる。過去の日本馬の出走実績を踏まえ、大臣の指定レースは20レース程度となる見込み。公正確保の措置がとられていることはもちろん、国際的にレベルが高く、国民の関心が高いレースが対象となる。

 馬券はインターネット発売が基本で、種類は現在、日本で売られている全種類がOKになるが、どの券種を発売するかはJRAが決定する模様。オッズに関しても日本の規定で実施され、レースの主催国とは異なるものとなる。また、国庫納付金などはこれまでの国内競馬と同様となる。

 農水省によると「実際に海外競走の馬券を発売するのは、早くても平成28年度以降」ということだが、来年の凱旋門賞は、日本馬の応援と馬券の両方で楽しめるかもしれない。

【2015年2月27日 予想王TV】

 

>>> 日本から凱旋門賞などの海外馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス