【海外】日本カジノ成功のチャンス?中国人富裕層のマカオ離れ。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

2015年1月で、
マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、
8ヶ月連続で下落したと発表されました。

大きな要因の一つとしては、
2014年に中国政府が汚職撲滅キャンペーンを行ったため、
中国の国民の多くが派手な消費を懸念し、
マカオの多くの顧客でもある「中国の富裕層」の足が遠のいたことです。

そんなマカオの収益。
投資家からすると、復活を期待したいところですが、
先の見通しは、甘くはないようです。

マカオでは、新しいカジノ施設の建設を初め、
ショーやレストラン等も用意されたエンターテイメント拠点を準備するなど、
新しい試みが控えています。

しかし、アナリストの見方では、
マカオの政府の禁煙計画などでVIPルームの顧客離れも懸念し、
横ばいの成長を予測しており、
大きな成長は期待できないと厳しい見方。

そんな中、これまでマカオに注目をしていた「中国の富裕層」

彼らが興味がある海外渡航先に日本をあげているようなので、
このタイミングでカジノを解禁できれば、
日本でもカジノが成功できるチャンスとなりそうです。

もともと「観光地」として、魅力のある日本。

カジノを解禁して、
観光で訪れた海外の富裕層に、
さらに遊んでもらう事ができれば、日本の経済も明るくなりそうですね。

Macau GGR falls for eighth month

Macau’s gross gambling revenue fell for an eighth straight month in January, dropping 17.4 percent, which was largely in line with analysts’ forecasts.
GGR dropped to MOP23.7 billion ($2.97 billion), figures from the Gaming Inspection and Coordination Bureau showed.
Macau posted its first annual decline in revenue since records began in 2014, falling 2.6 percent as a combination of a slowing mainland economy, a clampdown by Beijing on corruption, a smoking ban and tight credit all helped to crimp spending in the territory’s casinos.
Few are expecting the situation to improve until the second half of this year when new resort openings are expected to reignite growth. Still analysts and officials have warned not to expect the heady growth seen in previous years, with a slower rate seen as likely to become the new normal.
According to a Bloomberg survey, at least nine analysts have cut their 2015 GGR estimates since Jan. 5th, with the median forecast being for an 8 percent slump. They had previously expected flat revenue.

【2015年2月3日 AsiaGamblingBrief】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス