【記事】セガサミーがカジノ運営に参画へ!

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

日本のゲームやパチンコメーカーとして、
テレビコマーシャルなどでも有名な大手企業「セガサミーホールディングス」

この度、カジノ運営に参画することが決まりました。

2017年3月頃のオープンを目指した
韓国最大規模のカジノを含む複合リゾート施設の建設をし、
その運営に参画することになりますが、
この運営を通じて、日本企業として
カジノ運営のノウハウを蓄積できることは画期的な一歩。

日本でのカジノ解禁時。
オールジャパン企業で運営できることが理想ですが、
現状の日本企業に知識やノウハウが無いため、外資(海外のカジノ運営企業)に頼らざるをえないのが現状。

積極的な「セガサミーホールディングス」の動きがきっかけとなり、
日本のカジノで日本企業が運営するカジノが誕生する
可能性もあるかもしれませんね。

日韓合弁のカジノ 建設へ起工式

日本でカジノ解禁を巡る議論が進むなか、日本と韓国の企業が合弁会社を作って韓国でカジノを含む複合リゾート施設を建設することになり、20日、起工式が行われました。

これは、日本のゲームやパチンコの大手メーカー「セガサミーホールディングス」と、韓国でカジノ事業などを手がける「パラダイス」が、合弁会社を作って韓国西部のインチョン(仁川)にカジノを含む複合リゾート施設を建設するものです。
20日、現地で起工式が開かれ、韓国政府や地元自治体の関係者のほか、日本の別所大使も出席し、建設開始を祝いました。
オープンは2017年3月ごろを目指しており、事業の投資総額は1400億円、広さは東京ドームのおよそ7倍で、ホテルや商業施設などが入り、カジノは韓国で最大規模になるということです。
両社としては、インチョン空港から車で5分足らずという立地条件を生かし、急増している中国人観光客を引き付けたいとしています。
日本では超党派の議員連盟がカジノ解禁に向けた法案を取りまとめ、2020年の東京オリンピックまでにカジノを解禁するかどうか議論が進められています。
こうした動きを踏まえて、セガサミーとしては、カジノ経営の実績がある韓国側の企業からノウハウを学びたい考えで、鶴見尚也専務は「日本の会社でカジノの運営経験の蓄積がある会社はない。今回の投資を通じてノウハウの蓄積を進め、日本で法律が成立すればそのノウハウを日本へ移して、われわれがカジノの運営ができるよう体制作りをするのが大きな目的だ」と話していました。

【2014年11月20日 NHK】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス