【記事】名古屋にもカジノ風メイドカフェオープン。

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

東京や大阪にはメイド喫茶で「カジノ」を遊べるお店があり、
カジノを身近に感じることができる機会がありましたが、
この度、名古屋にもカジノ風メイドカフェがオープンしたようです。

このような「メイド喫茶」でのカジノの遊び方は、
もちろん換金は出来ず、
ポーカー本来の心理的な駆け引きなど
純粋なエンターテイメントとしてのカジノを楽しむ目的。

なので、いたって合法的に安心して
ポーカーやブラックジャック、バカラなどの、
カジノのゲームに触れることが出来ます。

ルールもメイドさんが教えてくれるようですので、
「複雑そうで敷居が高い」と、思われがちなカジノが、
「メイド喫茶」をきっかけにして、
さらに身近になるといいですね。

栄に名古屋初のカジノ風メードカフェ―初心者歓迎、ポーカーやルーレットも

 栄3丁目に9月9日、メードと一緒にポーカーやルーレットなどのゲームを楽しめる名古屋初のカジノ風メードカフェ「RITZ(リッツ)」(名古屋市中区栄3、TEL 052-261-0076)がオープンした。

 同店を経営するピゲッの毛利社長は、「東京や大阪には、メード喫茶にアミューズメント要素を足したお店があるが、名古屋にはなかった。『こういう店を待っていた』と言ってくださるお客さまもいる」とし、「栄で食事や宴会をした後、2次会の選択肢の一つとして気軽に足を運んでもらいたい。『メード喫茶』も『カジノゲーム』も初めてだとちゅうちょする人もいるかもしれないが、2つを掛け合わせることで、どなたでも気軽に立ち寄っていただける店になっている。ポーカーをしたことのない女性でも、メードさんが優しく教えるので安心して遊んでもらえる」と話す。

 店内でまず目に入るのは、特注のピンクのポーカーテーブル。メードのディーラーがゲームを取り仕切る。海外のカジノでディーラー経験がある店員も在籍しており、メードに本場の所作を指導している。一方で、ゲーム中もメードと来店者のおしゃべりがあるのはメードカフェならでは。同じテーブルを囲んだ来店者同士が、気楽にコミュニケーションをとれる雰囲気もある。

 「ポーカーのルールは覚えやすくて誰でもできる。簡単なルールの中で、運だけでなく巧みな心理戦を制するのが面白い。当店では、そうした駆け引きも一から覚えてもらえる。ゆくゆくは、この店でポーカーを覚えて、ジャパンオープン(日本最大規模のポーカー大会)に入賞する人が出たら」と期待する毛利社長。ポーカー文化をより身近なものにするため、「週1回の女性専用テーブル」や「初心者向けテーブル開放」など、さまざまなアイデアを企画中だという。

 ポーカーのほか、ブラックジャック、バカラ、ルーレットも用意する。

 営業時間は11時~23時。11時~16時は主にカフェタイムで、入場料は1,000円(ドリンク代は別、300円~)。同時間のみのカードゲームやボードゲームも用意する。16時以降はチップを購入してゲームを行うシステムで、チップ代は2,000円~(入場料込み)。

【2014年10月15日 サカエ経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス