【記事】カジノ関連株は、「今」が買いどきか?

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

9月29日に開会された臨時国会では、
日本のカジノ解禁への法案の動向が注目されていますが、
国会以外でも、「株価」の動向も注目されているようです。

カジノ関連株の一部では活発な動きも見られ、
臨時国会をプラス材料と判断し、
「買い」が集中する兆しも。

株式市場も徐々に動き始め、
臨時国会もスタートした2014年の秋。

「日本のカジノ解禁元年が、いよいよ近い!」
と、予感させる気配がしますね。

【話題】臨時国会が本格始動し「カジノ・IR法案」関連株が材料含みに

 内閣改造を受けた臨時国会が9月29日に召集・開催となり、「カジノ法案」の動向を注目材料として期待する動きがある。昨日は、カジノ関連株の一部が活発な動きを見せ、たとえばグローリー <6457> は全体相場が目立って下げた中で1.1%高程度ながら3日続伸。日本金銭機械 <6418> はいっときの4.2%安から大引けは0.4%安と回復した。

  カジノ法案は、最近、関連する総合リゾート・観光施設などの整備を含めて「IR法案」(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)と呼ばれ、超党派の国会議員で作る「IR議連」は細田博之会長(自民党幹事長代行)、萩生田光一事務局長(自民党筆頭副幹事長)が主導。ともに与党幹部の役職についているだけに、動向が株価材料になる可能性がある。

【主なIR法案関連銘柄】(順不同)

  インターライフホールディングス、イチケン、セコム、ALSOK (綜合警備保障)、一休、フィールズ、テックファーム、コムシード、SDエンター (ゲオディノス)、リゾートトラスト、アドアーズ、ゲームカード・ジョイコホールディングス、平和、SANKYO、日本金銭機械、マースエンジニアリング、オーイズミ、ユニバーサルエンターテインメント、ダイコク電機、グローリー、セガサミーホールディングス、アクセル、サン電子、EIZO、CWE (コモンウェルス・エンターテインメント)、マミヤ・オーピー、タカチホ、空港施設、日本空港ビルデング、京浜急行電鉄、KNT、エイチ・アイ・エス、スペース、コナミ、など。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【2014年10月1日 SEARCHINA】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス