【記事】カジノ誘致合戦へ大阪が先手?優位に立つための戦略

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

日本でのカジノ解禁後、
自治体毎の熱いカジノ誘致合戦になることが予想できますが、
そのカジノ誘致合戦を優位に進めるため、
大阪は積極的に動いているようです。

具体的には、
大阪がカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指している夢洲への
鉄道延伸整備の案。

カジノ解禁前から具体的プランを積極的に提示することで、
「実現力」をアピールする狙いがあると思われますが、
この動きを受けて、他の自治体の動きも加速しそうで、
ますます日本でのカジノ解禁が身近になった印象を感じますね。

 

カジノ誘致へ鉄道延伸3案

◇府と大阪市 地下鉄、JRなど

 府と大阪市は18日、誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)についての立地準備会議を開き、候補地に決めた人工島・夢洲(大阪市此花区)への交通の便を改善する鉄道整備案を示した。市営地下鉄中央線、JR桜島線、京阪中之島線を延伸する3案で、今後、誘致の状況を踏まえて詳細な検討に入る。建設費はIR事業者側に協力を求める考え。

 府市は、東京五輪開催の2020年までに夢洲を軸にIRの誘致、開業を計画。しかし夢洲は、北側の舞洲か、南側の咲洲から車でしか行けず、橋下市長が鉄道の整備について検討を指示していた。

 地下鉄中央線の延伸案は、咲洲のコスモスクエア駅から、夢咲トンネルを使って夢洲を結ぶ。大阪駅周辺からの所要時間は約30分。延伸距離が3キロと短く、トンネルも既にあり、整備費は約540億円で、最も現実的とみられる。

 JR桜島線案は、桜島駅から舞洲経由で約6キロを延伸。大阪駅や大阪環状線と直結できる。ただ、2本の海底トンネルも必要で、整備費は約1700億円に膨らむ。京阪中之島線案は、延伸が約11キロに及び、整備費は約3500億円に上る。

 会議後、橋下市長は「将来の可能性を考えればJR桜島線延伸が一番」との見解を示した。

 国内でのカジノを解禁する法案は、臨時国会で本格審議に入る見通しだが、仮に法案が成立しても、国に認定される特区は全国で2か所程度となる見込み。住民らからの反発も想定される。路線整備の可否は最終的にIR誘致の結論を待っての判断となるが、積極的に具体的な計画を打ち出すことで、他都市との招致合戦で優位に立ちたいという思惑もある。

【2014年9月19日 YOMIURI ONLINE】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス