【記事】凱旋門賞優勝候補の海外の有力馬が引退。日本馬に勝機あり?

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

凱旋門賞の優勝候補として有力で、
オッズでも1位人気だった「シーザムーン」が、
怪我のため凱旋門賞を欠場し、
そのまま引退をすることになったようです。

競馬ファンとしてはすこし残念なニュースですが、
これを受けて、日本馬のオッズも変動があります。

■最新オッズはこちらから確認出来ます。
http://sports.williamhill.com/bet/ja/betting/e/5068152/ap/5th-Oct-2014—Prix-de-l-Arc-de-Triomphe-.html

6番人気だった「ハープスター」も、
ジワジワと人気を伸ばし、
現在では「8倍」の4番人気まで上昇!!

前評判の「オッズ」だけでは、
当日の勝負を予想できませんが、
少し前のオッズに比べ、
日本馬の勝利は充分期待できるオッズになっています。

今後は、「ハープスター」を始めとして、
日本馬の人気が高くなり
オッズがさらに低くなることも充分あり得ることなので、

ぜひ、オッズが高い今のうちに
日本馬の馬券を購入しておいてはいかがでしょうか?

>>> 日本から凱旋門賞の馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

 

凱旋門賞を回避したシーザムーンが引退

 けがで凱旋門賞(10月5日、フランス=ロンシャン競馬場、GI、芝2400メートル)を回避したシーザムーン(ドイツ=M・クルク厩舎、牡3歳)が引退、種牡馬入りすることになった。16日、レーシングポストが報じた。

 シーザムーンは7月6日のドイツダービー・独GIを11馬身差で圧勝。凱旋門賞の長期前売り市場で一時は1番人気になっていた。9月7日のバーデン大賞・独GIで2着に敗れた後、13日に「故障で凱旋門賞は回避、年内は休養に充て、来年の現役復帰を模索する」と共有オーナーの一人がコメントを出していた。

 レーシングポストは今回の報道で、「彼は負傷しており、われわれは引退の決断をし、種牡馬生活にふさわしいスタッドを探し始めます(He is injured and we have taken the decision to retire him and will start looking for a suitable home for him as a stallion)」というニコ・ラフレンツ氏(オーナーの夫)のコメントを載せている。

【2014年9月17日 予想王TV】

 

>>> 日本から凱旋門賞の馬券が買える!ウィリアムヒルの新規登録はこちらから

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス