【記事】オンラインカジノを舞台にした映画が日本で公開。

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

オンラインカジノを舞台にした映画が日本で公開されます。
タイトルは「ランナー・ランナー(原題)」

海外ではすでに昨年の2013年に公開された映画ですが、
日本で「カジノ法案」が注目される中、
注目されると踏んだのか?これから公開されるようです。

内容は「オンランカジノの闇」をテーマに、
エンターテイメント性が強く
極端にオンラインカジノの不正がフォーカスされていますので、
オンラインカジノ自体にマイナスイメージを持たれるかもしれませんが、
このような出来事もあり、
より一層、健全化の道を進んでいるのが実際のところ。

ただ、どことは言えませんが、
審査のゆるい怪しいライセンスで運営をしているオンラインカジノは危ないかも!?
なので、あまり聞かないサイトは気をつけたほうがいいかもですね。

ですが、このサイト「オンカジ」で紹介しているのは
自信をもっておすすめできるサイトばかりなので、
映画の内容を鵜呑みにせず、
映画「ランナー・ランナー(原題)」は、
エンターテイメントとして純粋に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ディカプリオ製作のギャンブル映画が公開決定!ベン・アフレックがカジノ王に

レオナルド・ディカプリオが製作を務めた映画「ランナー・ランナー(原題)」が、日本でも公開されることが決定した。米国では2012年に合法化され、年間300億ドルの収益があるというオンラインカジノを題材にしたエンタテイメント作で、「アルゴ」のベン・アフレックが主人公の大学生を翻ろうするカジノ王に扮している。

タイトルの“ランナー・ランナー”とは、不利な状況からラスト2枚で勝負を決める逆転の一手を意味するポーカー用語。オンラインカジノの詐欺行為を発端に、カジノ王に操られ、FBIからは追われるはめになったある学生の逆転劇を通し、オンラインの持つリスクやギャンブルの中毒性を浮かび上がらせる。「ソーシャル・ネットワーク」「TIME タイム」のジャスティン・ティンバーレイクが主人公の学生リッチーを演じ、「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン監督がヒリヒリした緊張感を演出し、スリリングな作品に仕上げた。

大事な学費をオンラインカジノのポーカーですってしまった天才大学生リッチー(ティンバーレイク)は、カジノのペテンに気づき、サイトのオーナーで胴元(アフレック)のもとに乗り込んでいく。そこは、カジノ王にFBIも絡み合う裏社会。命を賭けた一世一代の大博打が、リッチーを待ち受けていた。

「ランナー・ランナー」は、11月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

【2014年8月10日 映画.com】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス