【海外】日本のカジノ解禁で、失業率が大幅改善される!?

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

日本のカジノ解禁についての議論は、
まだまだこれからですが、
「カジノ解禁」で巨大産業が新たに誕生することで、
日本の失業率も、大幅に改善されそうです。

カジノ運営のメルコ・クラウン・エンターテインメントでは、
マカオのカジノリゾートで働く8000人を、
新たに採用する計画とのこと。

8000人の新規雇用の創出も驚くところですが、
マカオでは、2月の失業率が1.7%と、
日本の4.0%をはるかに上回る高水準。

日本でカジノが解禁されれば、
マカオに次ぐ市場規模になると試算されていますので、
日本の現在の深刻な雇用問題も、かなり改善されそうですね。

 

新カジノで8000人採用へ、報酬や奨学金で人材確保-メルコ

4月2日(ブルームバーグ):カジノ運営のメルコ・クラウン・エンターテインメント(新濠博亜娯楽 )は、同社にとってマカオで3番目のカジノリゾートで働く8000人を採用する計画だ。マカオの失業率が記録的な低水準となる中で魅力ある報酬に加え、マネジメントを学ぶための奨学金を提供し、人材を確保する。
何猷龍最高経営責任者(CEO)はマカオでのインタビューで、「スタジオ・シティー」向けに年内に従業員の採用を開始することを明らかにした上で、「われわれは人材を育て十分な報酬を支払うつもりだ」と述べた。
メルコは競合するカジノ会社ギャラクシー ・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団)やサンズ・チャイナ(金沙中国)と人材確保にしのぎを削っている。各社ともカジノ客をさらに呼び込もうとリゾート拡大に取り組んでいる。モルガン・スタンレーによれば、労働者不足の中でメルコとそのライバル企業の従業員数は2017年までに38%増え11万7000人に達する見込み。
スタジオ・シティーは、米ハリウッドの映画スタジオをテーマにした29億ドル(約3000億円)規模のリゾートで、「アルティラ」と「シティー・オブ・ドリームズ」に次ぐメルコにとってマカオでの3番目のリゾートプロジェクト。カジノテーブル500卓のほか、スロットマシン1500台余りを備える。5つ星ホテルやショッピングモール、多目的のエンターテインメントスタジオも建設する予定だ。
昨年のカジノ収入が450億ドルに達し、世界最大のカジノ拠点となったマカオでは、2月の失業率が1.7%と1996年に当局が統計発表を開始してから最低の水準となった。

【2014年4月2日 ブルームバーグ】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス