【海外】日本にカジノが誕生すると、日産並みの市場規模になる?

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

シンガポールの昨年のカジノ収入は、
前年比3.8%増の約6133億円(60億米ドル)と好調で、
シンガポールの観光産業拡大の重要な牽引役として活躍しているようです。

日本では、約6133億円の営業利益企業といえば、
あの日産自動車に匹敵する規模。
(2012年度の営業利益が5235億4400万円)

日本でもカジノ解禁について、
これから前向きに議論が始まると思いますが、
カジノが日本にできることで、
シンガポールの成功のように日本を代表する企業並みの市場が新たに誕生し、
アベノミクスに続いて経済が活性化することを、期待してしまいますね。

 

シンガポール観光成長 カジノ原動力 GDPの5.3%に相当

シンガポールの観光産業が拡大している。世界の旅行関連企業のトップ約100人で構成する英民間非営利団体の世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によると、シンガポールの今年の観光収入は前年比5.8%の203億シンガポール(S)ドル(約1兆6366億円)に達する見通しだ。同国の昨年の観光収入は191億Sドルで、国内総生産(GDP)の5.3%に相当した。現地紙トゥデイなどが報じた。

WTTCによると、アジア近隣国での中間層急増がシンガポールへの旅行需要を押し上げる。それにともない、同国の観光産業の雇用は今年、前年比3.8%増の14万7000人に拡大するとしている。

シンガポール観光の成長エンジンとなっているのがカジノ産業だ。米紙ラスベガス・レビュー・ジャーナルによると、シンガポールの昨年のカジノ収入は前年比3.8%増の60億米ドル(約6133億円)だった。

同国に2カ所あるカジノ付き統合リゾートの一つ「マリーナ・ベイ・サンズ」を運営する米カジノ運営大手ラスベガス・サンズのアデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)は、今後、60億米ドルを投じて同施設の拡張を図るなど、積極的な投資で需要を取り込みたい構えだ。

【2014年3月26日 SankeiBiz】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス