【海外】KONAMI、欧州カジノ業界で積極的に活動中。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

KONAMIが、イギリス・ロンドンで開幕された
欧州最大級のカジノ業界展示会
「International Casino Exhibition 2014」に出展しました。

「日本製のゲームの反響はどうなのか?」

と、出展された機種の1つ1つが気になるところではありますが、
スロットマシンの情報や顧客情報、会計などの管理を
リアルタイムで行うことができる
とてもユニークなカジノ・マネジメント・システムを出展しております。

近い将来解禁予定の日本のカジノには、
このようなマーケティングツールを導入して、
純日本製のカジノとして実現できれば
「KONAMI」のこれまでの海外の活動も、大きく実を結びそうですね。

 

KONAMI、欧州最大級のカジノ業界展示会「International Casino Exhibition 2014」に出展

Konami Gaming, Inc.は、イギリス・ロンドンで開幕された欧州最大級のカジノ業界展示会「International Casino Exhibition 2014」出展した。

同社は「International Casino Exhibition 2014」にて、ビデオスロットマシン筐体「Podium(ポーディアム)」を大型化し、複数のビデオスロットシリーズに対応する新筺体「Podium Goliath(ポーディアム・ゴライアス)」を欧州で初めて公開。

また、1台の筐体に最大10タイトルまで搭載し、タッチスクリーンでゲームを選択して遊ぶことができるマルチゲームシリーズの新筐体「SELEXION(セレクション)」をはじめ、リンクプログレッシブに対応した新機種「Dragon’s Victory(ドラゴンズ・ビクトリー)」、3D表現に対応したスロットマシンの次世代プラットフォーム「KP3」向け新機種「Mystical Merrow(ミスティカル・メロー)」など、多彩なラインナップを紹介したという。

さらに、スロットマシンの情報や顧客情報、会計などの管理をリアルタイムで行うことができるカジノ・マネジメント・システム「SYNKROS(シンクロス)」も出展。カジノ運営会社は、同システムで蓄積された情報を分析することで、マーケティングツールとして活用できるとのこと。

【2014年2月5日 Gamer】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス