【海外】アジアで1番の富豪に、あのカジノグループ創業者が。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

2012年4月9日からアジア1番の富豪
と、呼ばれてきた「香港の不動産投資家」を抜いて、

マカオでカジノを運営する
ギャラクシー・エンターテインメント・グループの創業者が、
アジアで1番の富豪になったようです。

また資産の伸び率では、
あの世界の富豪番付首位のビル・ゲイツ氏、
米カジノ会社ラスベガス・サンズの会長に次ぐ142億ドル増加で、
13年では3番目に大きな伸び。

世界的にもカジノの景気の良さを実感できる数字ですが、
これまでカジノ関連のお金の動きには関係が薄かった日本。

この世界的な資金が日本に流れてくると想像すると、
低調気味な現在の経済からの復活も、
期待がもてるのではないでしょうか?

マカオカジノ業界の大物の呂志和氏、新たなアジア一の富豪に

1月17日(ブルームバーグ):マカオでカジノを運営するギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団)の創業者、呂志和氏が16日、香港の不動産投資家、李嘉誠氏を抜いてアジア一の富豪となった。
ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、呂氏の純資産は今年に入り35億ドル増えて296億ドル(約3兆900億円)と、李氏を約1億ドル上回っている。李氏は2012年4月9日以来、アジア一の富豪の地位にあった。
呂氏の資産は保有する65%のギャラクシー 株に支えられている。売上高でアジア3位のカジノ運営会社である同社の株価は昨年1年で129%上昇。マカオの13年のカジノ収入は前年比18.6%増の452億ドルとなった。
呂氏の純資産は13年に142億ドル増加し、ブルームバーグのランキングの中では3番目に大きな伸びとなった。世界の富豪番付首位のビル・ゲイツ氏が155億ドル増。米カジノ会社ラスベガス・サンズの会長で、マカオでの呂氏のライバルでもあるシェルドン・アデルソン氏は144億ドル増だった。

【2014年1月17日 Bloomberg】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス