【海外】マカオのカジノ収入がラスベガスの7倍に!

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

マカオの2013年のカジノを中心とする収入が、
3607億4900万パタカ(4兆7620億円)と、
前の年に比べ18.6%増え、ラスベガスの7倍の規模に拡大したようです。

日本にカジノが解禁されれば、
マカオに次ぐ規模になると想定されているだけに、
このマカオカジノの大成功は、
今後の日本カジノの将来像として期待してしまいますね。

マカオのカジノ、4年連続2ケタ増収 5兆円に迫る

マカオのカジノ産業が高成長を続けている。マカオ政府は2日、2013年のカジノを中心とする賭博業収入が3607億4900万パタカ(4兆7620億円)と前の年に比べ18.6%増えたと発表。2桁成長は4年連続で、過去最高を更新。業界推計では米ラスベガスの約7倍の規模に拡大したという。隣接する中国本土からの来訪者に支えられ、世界トップの地位をさらに固めた。

13年12月単月でも334億6000万パタカと前年同月比で18.5%増え、13年10月に次ぐ過去2番目の高水準だった。専門の調査会社、ユニオン・ゲーミング・リサーチ・マカオのグラント・ガバートセン・アナリストは、需要をけん引してきた高額の賭けに興じるVIP客だけでなく、一般客の着実な増加などから「14年もマカオについての強気の姿勢を変える理由はない」とし、14年も14%の増収を見込む。

香港で上場するカジノ運営会社の株価も大幅に上昇している。香港のハンセン指数に採用されている銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)の株価が昨年1年間で2.3倍に、金沙中国(サンズ・チャイナ)も87%高となったほか、美高梅中国(MGMチャイナ)や新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)の株価も1年で2倍以上に跳ね上がるなど、6社とも大幅に上昇している。

【2014年1月3日 日本経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス