【記事】臨時国会でカジノ解禁!?法案通過の先読みで地方の動きが活性化か?

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

日本で長い間議論されてきた「カジノ法案」ですが、
秋の臨時国会で、その行方が注目されています。

東京、大阪のように首長が全面に出て
カジノ解禁へ活動をしている目立った「動き」だけでははく
地方でも解禁に出遅れないよう、
着々と準備をしているニュースも多く届きます。

全国的にカジノ解禁に注目している様子からも
今年は「何か」大きな動きがありそうな予感がしますね。

 

カジノ:知事と県幹部、シンガポール視察へ /宮崎

河野俊嗣知事は20日の定例記者会見で、月末に予定している香港・シンガポール訪問中、カジノを視察する方針を明らかにした。

訪問は26〜30日、6月に開設した県香港事務所のPRや県産品のトップセールスなどを目的に、知事や県経済会関係者ら約120人が参加。知事と県幹部は香港訪問後の29日、シンガポールにあるカジノを中核とする統合型リゾート・セントーサ島を視察する。

県商工団体関係者に、宮崎市のレジャー施設「シーガイア」へのカジノ誘致を期待する声があり、県が情報収集のため日程に組み込んだという。

河野知事は「国で(カジノ設置)法案が検討され、県として関心を持っている。県経済界も勉強していこうという動きがあり、私自身も現場を見たい」と述べ、視察を「訪問の重要な用務」と位置づけた。

セントーサ島は、シンガポール政府が2010年にオープン。カジノを中心にホテル、レストラン、ショッピングモールなどがあり、家族連れやエンターテインメント目的の観光客を狙った複合施設として成功している。

【2013年8月21日 毎日新聞】

カジノ巡り情報交換会 北海道が開催

道庁は26日、カジノなど観光振興に関する施設が一体となった複合施設「統合型観光リゾート」に関する情報交換会を開いた。市町村や民間団体の担当者ら32人が出席。カジノ解禁などを巡る動きが活発化するなか、国や道内の動きについて意見交換した。

統合型観光リゾートはカジノ施設やレクリエーション施設、宿泊施設など観光振興に関する施設が一体となった複合施設の総称。会合では解禁を求める国会議員による法案提出に向けた動きを報告。出席者からはカジノ誘致による経済効果や、住民の合意形成の必要性を指摘する声が出た。

道庁では2007年度から「カジノに関する情報交換会」を年1回のペースで開いてきたが、今回から名称を変えた。担当者は「国の動きを見据えながら、今後も会合を開きたい」などとした。

【2013年8月26日 日本経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス