【海外】ダイナムジャパンが大幅高。カジノ解禁後を見据えてか?

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

日本のパチンコホール運営大手のダイナムジャパンが、
カジノ運営のマカオ・レジェンドと業務提携方針を発表したことで、
大幅高のようです。

提携には、日本でのカジノ解禁の動きを見据えた動きも感じられ、
カジノ法案の話が出ては消えるこれまでとは違い、
近く、日本にカジノが実現しそうな気配を感じますね。

 

(香港)ダイナムジャパンが大幅高、カジノ運営のマカオ・レジェンドと業務提携へ

*11:30JST (香港)ダイナムジャパンが大幅高、カジノ運営のマカオ・レジェンドと業務提携へ
ダイナムジャパン(06889/HK)
17.08HKドル(+0.44 +2.64%)=11:27時点

大幅高。カジノ運営を手掛けるマカオ・レジェンド(01680/HK)との業務提携方針を発表したことが好感されているようだ。

同社は23日の取引終了後、マカオ・レジェンドと業務提携に向けた覚書を締結したと発表した。マカオ・レジェンドの運営するテーマパーク「マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ」において、スロットマシーンなどの電子遊技機事業で提携する。ほかに、マカオ・レジェンドの運営するホテルやカジノについて、日本や韓国向けの販売をダイナムがサポートする予定。

ダイナムは、マカオ・レジェンドの香港上場に際して新株を取得しており、現在の出資比率は1.85%。マカオでカジノ事業のサブライセンスを持つ同社との提携を強化することで、日本でのカジノ解禁に向けた準備を整えているようだ。

なお、ダイナムの佐藤洋治社長はこれより先、香港メディアの取材に対し、日本でカジノが解禁されれば、マカオ企業との提携により参入を検討すると述べている。

■企業紹介
日本のパチンコホール運営大手。2013年6月末時点で日本国内(沖縄県を除く)に計362店を展開。通常のダイナムブランドのほか、低玉貸し専門の「ゆったり館」「信頼の森」などを運営する。《NT》

【2013年8月26日 財経新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス