宮崎にカジノ誘致で、セガサミーの株価上昇!?

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

また新たにカジノ誘致の動きがありました。
宮崎市がフェニックス・シーガイア・リゾートへ統合型リゾート施設の
誘致を模索中のようです。この秋に研究会を設立するんだとか。

宮崎へ誘致が実現すれば、
パチスロ・ゲーム機器最大手のセガサミーホールディングスも
カジノ機器の設置などで特需が期待できると見込んでか、
すでに株式市場では「値上がり」もしているようです。

「解禁」を先読みした「市場」の予想どおり
今回のカジノ法案には、
日本の経済浮揚のために是非とも頑張っていただきたいものです。

 

カジノ誘致へ研究会 経済・観光業界が秋にも

県内の経済・観光業界が宮崎市のフェニックス・シーガイア・リゾートにカジノなどの
遊戯場をそろえた統合型リゾート施設の誘致を模索していることが分かった。
可能性や効果を調べるため、今秋にも研究会を設立する。
背景には国会でカジノ設置を推進する法案提出の動きがあるという。

県商工会議所連合会や宮崎市観光協会など12団体の担当者が24日、
宮崎市内で研究会発足に向けた会合を開いた。
シーガイアを運営するフェニックスリゾートや、親会社でパチスロ・ゲーム機器最大手の
セガサミーホールディングス(東京)、県や宮崎市の関係者もオブザーバーとして参加した。

研究会は各団体のトップで構成する予定で、県商工会議所連合会の担当者が
設立の意義や発足までの流れ、カジノ誘致を目指して既に協議を始めている他県の動きなどを紹介した。
12団体が研究会に参加するかどうかは、それぞれが持ち帰って決めるという。

国会では、安倍首相らを最高顧問とする超党派の議員連盟が、
秋の臨時国会で特定地域でのカジノ施設設置を推進する法案の提出を目指している。
国内でのカジノ解禁が現実味を帯びる中、長崎県や沖縄県などでは検討組織を設置。
観光や経済を活性化する起爆剤として、誘致を求める動きが活発になっている。

県商工会議所連合会は「県内の経済が低迷する中、他の地域に後れを取ったままで
いいのかという思いがあった。カジノの誘致は経済浮揚につながる。議論を急ぎたい」としている。

【2013年7月26日 読売新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス