【速報】 カジノ合法化の動きで株価にも注目!

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

以前から注目されたいたカジノ関連の株が、カジノ合法化の発表をうけて
再び注目され始めました。 世界中の投資家の標的となるのでしょうか。

カジノ関連株が人気になるゾ!

日本でのカジノ合法化などを目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」が「カジノ区域整備推進法案」をまとめ、各党の党内審査を経て今秋の臨時国会にも議員立法で提出すると伝わっている。よって、関連株が人気化する可能性が高い。

まず、ユニバーサルエンターテインメント(6425)は、24日、12年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。パチスロ・パチンコ事業において、パチスロ機「ダイナミックサンダーV」が好調に推移していることや、パチスロ機「緑ドンVIVA!情熱南米編」も引き続き堅調に推移している。

加えて、パチスロ機「ミリオンゴッド~神々の系譜~」も市場に高く評価されていることから、売り上げ・利益ともに前回予想を上回る見通しとなった。この業績修正を踏まえ、12年3月期第2四半期末配当予想を前回予想の無配から50円に修正した。

また、オーイズミ(6428)は、高速メダル計数機をはじめ、温洗式メダル研磨機、メダル自動補給回収システムなどを手掛けている。同時に、パチスロ機メーカーとして新しい活動分野にも本格参入し、独自のコンセプトで新機種をリリースしている。

ただし、遊技場業界は、節電の実効を挙げるため東北電力から九州電力に至る5電力管内の全都府県において7月から9月まで月間2日ないし3日の輪番休業制を設定している影響もあり、今12年3月期通期連結業績予想は11・5%減収、17・3%営業減益の見通し。

そして、日本金銭機械(6418)の紙幣識別機ユニットは、米国ゲーム市場でのシェア90%を、世界市場でも60%ものシェアを獲得している。足元業績は好調で、今12年3月期通期連結業績予想は4・2%増収、26・1%営業増益の見通しだ。海外、国内市場ともに、前々期(10年3月期)に投入した戦略新製品の市場への浸透による売り上げの拡大、シェア獲得に注力する方針だという。

【2011年8月30日 zakzak】
http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20110829/inv1108290941000-n1.htm

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス